スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

どーん!

DSCN1683.jpg

さあ、チロ、たらふく食べろ~!

今日の東京は雨模様。
気温はさほど高くないけれど、湿度が高くてムシムシします。
一年前の今日は暑かった。
チロと過ごす最後の夜、一階のチロの横に布団を敷いて、
冷房をかけっぱなしにして寝たのを覚えています。

DSCN1606.jpg
今もチロは家じゅうにいます

DSCN1667.jpg

チロがいなくても季節は一巡し、日々の生活は続いています。
淋しさや悲しさが消えることはありませんが、
それらも穏やかな感情になって、心の中に定着した感じです。
折りに触れて、チロはこうだった、ああだった、あんなことがあった、
と夫と話しています。
そしていつも結論は「それにしてもヘンな犬だった……」。

DSCN1656.jpg
今日、みなさまからお花やメールをいただきました

DSCN1660.jpg
自分のブログは放置しまくり、人様のブログは読み逃げ、
そんな不義理な飼い主なのに……

DSCN1666.jpg
みなさまがチロのことを覚えていて下さって、
ただただ感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます

DSCN1672.jpg
私が死んでも、
一年後に思い出してくれる人はこんなにいないでしょう、たぶん

DSCN0942.jpg
お礼といってはなんですが、
以前ご好評をいただいた、チロのアルパカ・コスプレ写真の別カットをどうぞ

DSCN0943.jpg
動きがとれず、目がウツロです

_IGP8332.jpg
またこんなふうにベッドで一緒に寝たいです(ただし冬限定)

里親募集のサイトはちょくちょく見ているし、
外で犬を散歩させている人を見かけると、
羨ましくて羨ましくてたまりません。
でも……まだ一歩踏み出せずにいます。
ひとつの命を最後まで慈しむのは、
幸せなことであると同時に、
大きな責任を伴うことでもあるとチロに教えられたから。

それでも、いつかまた「わたしのわんこ」に出会えたらいいなあ。

では最後に、チロの「ガオー動画篇」をごらん下さい
(ちゃんと再生できますように…)。

[広告] VPS
スポンサーサイト

動くチロ

先日、近所に新しくスーパーマーケットがオープンしたので覗きに行きました。
するとチロの主治医だった獣医さんが、ご家族とお買い物中でした。
お会いしたのは、チロが亡くなって数日後にご挨拶に伺って以来でしたが、
先生のお顔を見たとたん、いきなり涙がぶわっと。
当時の記憶や感情が、一気によみがえってしまったのです。
号泣しながら挨拶されてもご迷惑だろうと思い、
先生には声をかけずに急いで店をあとにしました。
もうそれほどしょっちゅう泣くことはなくなっていたのに、
まだまだダメですね。

_IGP6012.jpg
去年の11月、休日のブランチです。
フードパックのふたを向こう側に開けているのは、
チロの鼻水よけのため。
チロは嬉しくて興奮するとクシャミを連発していたので

_IGP6046.jpg
もっと欲しくて、オヤツ係の膝のあいだに顔をのせ、
「かわいい愛犬」のふりをしています
(オヤツがなければ、こんなことは絶対にしない)

さて、ようやく動画が取り込めました。
以前、オヤツを分け合った猫さんとの遭遇場面です。

[広告] VPS


無防備にぼーっと近づき、
猫さんがいきなり振り向いたのでビビッているチロの顔が笑えるのですが、
アップした動画だと動きが妙にカクカクしているので、
いまいち表情がわかりにくいかも?


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

犬恋しい季節

今日の東京は曇りがちで、空気はひんやり。
あったかくてふかふかの毛玉約7キロがひときわ恋しい季節の到来です。

_IGP6190.jpg
去年の秋の写真です。まだまだ元気

_IGP6250.jpg
一心に見つめる先にあるものは……

_IGP6248.jpg
そうです、肉まんです

先日、都内で開かれたあるイベントに行ってきました。
チロを譲って下さった保護団体がブースを出していたので、
ご報告とお礼を兼ねて。
チロをわが家まで車で連れてきてくれた代表の方がいらっしゃり、
「長いあいだ大切にして下さって、ありがとうございました」
とおっしゃって下さいました。
それを聞いて、また涙腺が崩壊。
お礼を言うのはこちらの方なのに。

_IGP6272.jpg

「落ち着かれたら、またぜひお考えになってみて下さいね」
というお言葉に、心が揺れないと言ったら嘘になりますが、
今はまだまだダメなようです。

今発売中の雑誌「Shi-ba」で、
チロのことを取り上げて頂きました。
うしろの方の「A Dog's Story」というページです。
書店にお立ち寄りの際は、
よろしければ見てやって頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

チロに叱られそうなので…

一ヶ月以上更新をしないと、
勝手に広告がトップに出てくることに、つい最近気づきました。
なんか悔しいので、無理やり更新します
……というのは冗談ですが、いくらなんでも放置しすぎですね。
きっとチロも天国で激怒していることでしょう。

このブログにはチロのことだけで、
自分自身のことはほとんど書いていなかったので、
主役がいなくなってしまった今、
正直、何を書いていいのかわかりませんでした。
思い出話ばかりを書くというのも、なんだかちょっと…。
どうしても暗い雰囲気になってしまいそうで。

でも、最近とみに記憶力が減退しているので、
本当はここにチロの思い出を記しておいたほうがいいのかもしれません。
でも、FC2自体がいきなり消滅したらどうしよう。
ブログ自体を何かのメディアに保存しておくべきなのか?
そんなこと、可能なのでしょうか?

_IGP4570.jpg
これは去年の9月20日に撮った写真です。
ほぼ1年前ということですが、
3ヶ月前とそんなに変わりませんね

_IGP4587.jpg
笑っています。
何がそんなに楽しいんでしょうか

_IGP4614.jpg
一本だけ黒いまつげ

週末ごとに山ほど写真を撮っていたのに、
もう二度と新しい写真は撮れないのだと思うと、
そのたびに愕然とします。

_IGP4644.jpg
これまた笑っています。
この日の写真は、ほとんどこういう顔をしていました。
機嫌のいい日だったのでしょう。
チロの犬生において、
そういう日ができるだけ多かったことを願うばかりです。

先日、だいぶ前に撮影したビデオが出てきました。
パソコンに取り込む作業に少々苦戦しておりますが、
もし無事にupできたら、
皆様に「動くチロ」を見ていただきたいなあと思っております。
もう、チョーかわいいです(アホか…)。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

最後の写真

チロがいなくなって、ちょうど一ヶ月が経ちました。
「えっ、まだ一ヶ月?!」というのが正直なところです。
妙に長い一ヶ月でした。
ちゃんと仕事もしているし、食べているし、寝ているのですが、
何かが決定的に欠けている感じが拭えません。

DSCN1575.jpg

↑鏡が白く汚れているのがおわかり頂けるでしょうか。
これ、チロの鼻水の跡なのです。
もうあまり目が見えていなかったので、
しょっちゅうここにぶつかって、その度に鼻水が…。
さっさときれいにすればいいのですが、どうしても拭く気になりません。
まだしばらくはチロの痕跡を消したくないのです。

IMGP1261.jpg

これは6月25日に撮ったものです。
ぐるぐるウロウロし続けたあげく、
床で行き倒れて眠ってしまった時の写真。
なんの変哲もない一枚ですが、
これが生きているチロの最後の写真になりました。

すみません、どうしても湿っぽい雰囲気になってしまいますが、
家の中は笑顔のチロの写真でいっぱいです。

DSCN1614.jpg
チロのテリトリーと言ってもいい台所にも、こうしてちゃんと居ます

写真の中で笑っているチロの顔を見ながら、日々を過ごしています。
ひとつ問題なのは、散歩がなくなって運動不足なこと。
チロはもう足腰ヨロヨロでしたから歩く速度も遅く、
たいして私の運動にはなっていないと思っていたのですが、
先日久々に少し長い距離を歩いたら、脚が筋肉痛になってしまいました。とほほ…。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。