スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

犬恋しい季節

今日の東京は曇りがちで、空気はひんやり。
あったかくてふかふかの毛玉約7キロがひときわ恋しい季節の到来です。

_IGP6190.jpg
去年の秋の写真です。まだまだ元気

_IGP6250.jpg
一心に見つめる先にあるものは……

_IGP6248.jpg
そうです、肉まんです

先日、都内で開かれたあるイベントに行ってきました。
チロを譲って下さった保護団体がブースを出していたので、
ご報告とお礼を兼ねて。
チロをわが家まで車で連れてきてくれた代表の方がいらっしゃり、
「長いあいだ大切にして下さって、ありがとうございました」
とおっしゃって下さいました。
それを聞いて、また涙腺が崩壊。
お礼を言うのはこちらの方なのに。

_IGP6272.jpg

「落ち着かれたら、またぜひお考えになってみて下さいね」
というお言葉に、心が揺れないと言ったら嘘になりますが、
今はまだまだダメなようです。

今発売中の雑誌「Shi-ba」で、
チロのことを取り上げて頂きました。
うしろの方の「A Dog's Story」というページです。
書店にお立ち寄りの際は、
よろしければ見てやって頂けると嬉しいです。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

現状維持でよろしく

最近、チロの顔が可愛い。
いや、あの、自慢ではなくて、体調が悪い時のチロはぜんぜん顔が可愛くないのである。
目はしょぼしょぼで視線もうつろ、全体的にどーんよりした感じ
(漫画でいうと顔にタテ線が入っている状態)。

でも調子がいい時は、オメメぱっちりで目に力があり、
まっすぐこちらを見上げてくる。

DSCN1492.jpg
これは今日の昼間に撮った写真

つまり、今は体調が良いということだ。
「オシッコ出っぱなし」は相変わらずだが、夜鳴きはずいぶん減った。
寝始めと、あとは夜中に1~2回ほど起きて少々わめく程度。
これぐらいなら対処可能なので、この状態が出来るだけ続きますように!

DSCN1495.jpg
家の中なので、控えめにガオー。
しかも私が小さいデジカメで撮ったのでブレまくり

さて、老犬界で話題沸騰(?)の「大きさ比べ」。
私もブームに便乗させていただきます!

DSCN1476.jpg
おや? チロ、なんか意外にデカい……

DSCN1481.jpg
「いろはすって……意味わからん……」


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

学習する飼い主

あまりの尿漏れ、いや、尿出っぱなしに何か原因があるのではと、昨日尿検査に行った。
が、残念ながら(というのも変だが)、まったく異常なし。
膀胱炎の兆候はなくpHも正常で、
尿比重は相変わらず低いものの前回と変わりなく腎機能が極端に落ちているということもない。
そしてまた獣医さんから「年のせいですね」とミもフタもない診断を頂いた。
つまり手の打ちようがない、ということ。やっぱりね……。

そしてオムツの横漏れ問題の方だが、
みなさんのアドバイスに従い、一昨日の夜はとりあえず生理用ナプキン(夜用)
をオムツの中に重ねてみた(尿漏れパッドは買いに行く時間がなかったので)。
翌朝、量は少ないものの、やはりまだ漏れている。
そこで昨夜はナプキンの向きを横にして、
オムツと交差するような形で装着してみた。
すると今朝は漏れてない!
横向きにつけたナプキンの縁で何とかガードできたようだ。
チロの動きによっては常にこれでOKとはいかないかもしれないが、
とりあえずこれまでで一番成功。
なんだろう、この妙な勝利感……。
今日は尿漏れパッドを買いに行けたので、今夜はこれも試してみよう。
とにかく色々やってみて、チロに最も合った形を見つけていくしかない。

そしてそして、なんと昨夜のチロは夜鳴きをいっさいしなかったのである!
何度か起きてウロウロはしていたが、鳴くことはなかった。
うろついているだけなら、ある程度放置していても大丈夫なので楽。
ああ、2時間以上続けて眠ったのは、いつ以来だろう……。
夜鳴きがやんだ原因として考えられるのは、
一昨日から飲ませている「メイベットDC」しか考えられない。
だが、医薬品ならともかくサプリメントでそんなに即効性があるものだろうか?
でも「cherryのその日暮らし」のさくらさんも、
すぐに効いたとおっしゃっていたし…。
もしこのサプリが効いたのだとしても、持続性はどうなのか?というのも不安。
とにかく今夜がどうなるか、興味深いところである。
昨夜はたまたまで、結局元の木阿弥になりそうな予感もするのだが。

先ほど、救助要請の声がしたので見に行ってみると……

DSCN1441.jpg
……何がしたいのアンタは?

チロの後ろ足に履かせているのは滑り止めの靴下。

DSCN1394.jpg
裏側はこんな感じ

これを履けば100%滑らなくなるわけではないのだが、
履かないよりはかなりマシである。
チロがこれを履いている姿よりも、
脱いだ時にこのちっちゃな靴下がポツンと置かれている風情がカワイイ。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

ヒヤリとグサリ

先日、いつものようにチロの股間をフキフキしていたら、
オシッコが出るあたりに白い粘液状のものが付着していた。
これは……?
チロは避妊手術済みなので、子宮関係の病気はありえない。
とすると、まさかまた結石?!とヒヤリ。
翌日、あわてて尿検査へ。
その結果、オシッコはきれいで、粘液状のものは単なる分泌物とのこと。
ホッとしたものの、尿比重はやはり低かった。前回と同じ1.017。
前回はたまたまかも、という期待もむなしく、
やはり腎機能は低下していることが明らかになった。
残念だが、仕方がない。
今度はさらに水を飲ませるようにしなくては。

IMGP0307.jpg
まあ、それなりに元気だからいいか

その数日後の夜、ボーロをポイポイとチロの口に入れていた時のこと。
指を抜くタイミングを誤ってしまい、犬歯が私の中指にグサリと刺さった。
思わず「イデデデデ!!」と叫んでしまうほどの痛み。
ちょうど爪のきわに食い込んだようで、爪と皮膚のあいだから見る見る血が~。
でも、モロに皮膚だったら穴があいていたところだ。
それでもその夜はズキズキと痛くて、よく眠れなかった
(鎮痛剤をのんでおけばよかったのだが)。

そして翌日は内出血でこんな状態↓

DSCN1339.jpg
茶々とおひるね」の松の実さんを真似してパチリ。
ボケてますが…

爪の下の黒ずみはいまだにそのまま。
しばらくは指先が痺れたような感じも消えなかった。
老犬とはいえ、恐るべし、犬の咬み傷……。

IMGP0330.jpg
「わたしのせいじゃないもんね、ケケケッ」


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

続・カンガルーケア?

昨夜はオヤツ係がカンガルーケアに挑戦した。

DSCN1277.jpg
……五秒で寝た

DSCN1286.jpg
下半身がずり落ちてきたが、チロはかまわず熟睡

やはりこの体勢がお好きなようだ。
別に私でなくてもいいのか……ちっ。

とはいえ、やはり仰向けの抱っこは相変わらず嫌いなチロ。
しばらくすると泣き出してしまう。
横向きと大して変わらないように思うのだが、
やはり犬としては仰向けというのは不自然な体勢なので、
落ち着かないのかもしれない。

DSCN1303.jpg
この体勢のまま自分が食べていたドーナツのかけらを与え、
なんとか懐柔しようとするオヤツ係。
食べ物を与えられているあいだはチロも無言でじっとしている。
交換条件ということか、生意気な!

DSCN1239.jpg
こんなふうにくだらないことをして笑っていられることがどれほど幸せか、
身にしみて感じるこの一ヶ月だった


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。