スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

皆様へ

皆様、たくさんの温かいコメント、本当に本当にありがとうございました。

こたまこ様、taearc様、BOSS母様、ななチロママ様、まこんちの「なな」様、桜ママ様、
ハイジ様、ゆりママ様、milleco様、ももっち様、ふらっしゅまま様、cherry様、宵待様、Ikuko様、
ゴン太様、ゆち様、まこ様、まゆ様、uta様、emihana様、宝様、すずめ様、トドまま様、
松の実様、nonkimama様、秋月様、養鶏組合の親友様、みゅう様、くうちゃん様、もじ子様、
コロたす様、ぱちんぷ~様、マコ母様、セレナーデ様

おひとりおひとりにお礼を申し上げられなくて、大変申し訳ありません。
これほど多くの方々に想って頂けて、チロは世界一の幸せ犬です。

もう少しパワーが充電できたら、あの日のことやお別れの日のこと、
他にも色々と書きたいと思います。
よければまた覗いてやって下されば嬉しいです。

昨日、だいぶ前に夫がチロの鳴き声を携帯で録音したことがあったのを思い出し、
再生してみました。
すると二回録音していて、一回目は去年の7月3日でチロの命日となった日、
二回目の録音日は7月6日で、まさに「去年の今日」でした。
すごい偶然に驚くやらゾッとするやら。
そんな私たちをチロはどこからか眺めて、きっとニヤリと笑っていたと思います。
そういう人を食ったようなところもある犬でしたので。

*まだちょっとお返事を書く余裕がないので、今回だけコメント欄を閉じさせて頂きます。
 読んで下さって、ありがとうございました。

_IGP0949.jpg
「みなさん、どうもありがとう。またね。ガオーッ!!!!」


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

不思議なこと

おかげさまで、チロは落ち着いた状態を保っています。
退院後に少し下痢が続きましたが、今はもう大丈夫です。

先週の金曜には、いつもの公園に少し長い散歩に出かけました。

_IGP9954.jpg
いつものブランチ用ベンチにて。
ちょっと心細そうな顔をしていますが、
肉まんを食べればきっと元気が出るはず……

_IGP9966.jpg
ほらね!!!

_IGP9986.jpg
新緑がきれいです

_IGP0001.jpg
まだ菜の花も咲いていました

_IGP0010.jpg
もちろんガオーも健在です!

こんな感じでそれなりに快調なのですが、ひとつ不思議なことが。
退院して以来、ほとんど夜泣きをしなくなったのです。
ひと声ふた声泣くことはあっても、
以前のように泣き続けることはありません。
最初は泣く元気もないほど具合が悪いのか?と心配したのですが、
そういうわけでもないようで……。
いったいなぜ泣かなくなったのでしょう?
まさか「いい子にしていないと、またあの恐ろしい場所(病院)に入れられちゃう!」
と思っている……わけないですよね。
入院前より全体的に眠りが深くなったように思えるので、そのせいなのかな……。
もちろん夜泣きがない方がありがたいのですが、
急に静かになってしまうと、それはそれで何だか心配です。

_IGP9891.jpg
これは入院前日の4月24日の写真。
口の端から出ているのはオヤツです

_IGP9852.jpg
最高に元気そうでしょう?
「今日もかわいい写真が撮れた~」と喜んでいたこの日の夜からあんな悪夢が始まるなんて、
想像もしませんでした……


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

ごあいさつ

こんにちは。
訪問してくださってありがとうございます。
これは固定トップページです。
最新の記事はこの下の下にあります。

top.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

お見合い

一時預かりさんのお宅の庭で、その犬はのそのそと犬小屋から出てきた。
喜ぶでもなく、かといって警戒するでもなく、無表情で。
そしてこちらの匂いを嗅ぐと、すぐにくるっと向きを変えて、
またのそのそと小屋の中に戻っていった。
そのあまりの愛想のなさに、
「犬=明るい」と勝手に思い込んでいた私は一抹の不安を覚えたが、
今さら「やっぱやめときます」とも言えず、
まあ初対面だし、一緒に暮らせば変わるだろう、
しっぽをブンブン振って玄関まで出迎えてくれたり、
顔や手をペロペロ舐めて愛情を表現してくれたりするに違いない…
とまた勝手に思い込むことにした。

かくして後日、正式に里子となったその無愛想犬がわが家にやってきた。
チロと名付けられ、それから早12年。
結論から言うと、しっぽブンブンで出迎えは気が向いたときのみだし、
嬉しそうに顔をペロペロなど、いまだかつてしたことがない。
とにかく静かな犬で、その存在感のなさには誰もが驚く。
家電の修理に来た電気屋のおじさんが、
同じ部屋の中に犬がいることに最後まで気づかない、なんてことも。

謎の行動も多く、十数年ともに暮らした今でも、わけわからん犬。
そんなチロとの日々を、過去も含めてつらつらと綴っていきます。

_IGP0085_convert_20100427184846.jpg
おお、なかなか若々しい。
写真の魔術ですな。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。