スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗くてすいません

チロはほとんど叱られたことがない。
飼い主が甘いからではなく、叱られるようなことをしないからだ。
初めて犬を飼うにあたり、私は張りきって数冊の「しつけ本」を買いそろえたが、
それらはずっと本棚の隅に眠ったまま。
無駄吠え、噛み癖、いたずら、粗相といったよくある問題行動が、チロにはいっさいなかった。

そう聞くと理想的な犬と思われるかもしれないし、
実際、本当に手がかからなくて楽は楽なのだが、
飼い主としては少々物足りない気持ちもある。
なんというか、「犬と共に問題を克服した達成感」がないのだ。
贅沢な悩みといえばそのとおりなのだけど、
人間、困難を乗り越えてこそ成長するのであって(大げさか)、
なんの苦労もしていない状態では経験値が上がりようもない。
今後、もしチロのあとにまた別の犬を飼うことになっても、
「大丈夫、経験者ですから!」と胸を張って言えないのがちょっと悔しい。

そして、犬の問題行動とは要するに様々な感情表現だ(表現方法がまずいだけで)。
つまりチロは確かに手はかからないが、著しく感情表現の乏しい犬であった。
暗い…あまりに暗い性格なので捨てられたのでは?と疑いたくなるほどに。
遊びに来た友人なども「なんかこの子、暗…えっと、いや、おとなしいね」と表現に気を遣っていた。
持って生まれた性格のせいもあるだろうが、人間や他の犬との関わり方などを見るうちに、
成育環境も大きな要因であろうことが推察できた。

長い月日が流れ、今、チロはこれまでで最も犬らしい犬になっている。
いわゆる「犬らしいふるまい」をするチロに、飼い主は「おお、犬っぽい!」と日々感動。
老境に入るにつれ、チロは大きく変わった。
もしかしたら、これから残りの日々を、子犬に戻ることにしたのかもしれない。
チロの子犬時代を知らない飼い主にとっては、なかなか楽しく新鮮な毎日である。

_IGP0853_convert_20100430162620.jpg
今日も飼い主の足下で、人生最大の喜びであるオヤツを待つ。
このまましばらくほうっておくと、やがて抗議の声をあげはじめる。
吠えるのではなく、まさに「文句を言う」。
そんなこと、若い頃にはしなかったのにねえ。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村


スポンサーサイト

病気のこと

老犬であるチロは年齢相応の持病がある。
白内障と腎不全。どちらも、もう数年のつきあい。
それでもまだ目はそれなりに見えているし、
腎臓も残った機能が頑張ってくれているらしく、
今のところ日々の生活にそれほど大きな支障はない。
本人も別に病気だからといってクヨクヨするでもなく、
しんどい時はしんどいし、快調な時は快調。ただそれだけ。
だから飼い主としては、なるべく快調でいられるよう、
できるだけのことをする。それだけ。

少しでも長く現状を維持すべく、
専属看護師である飼い主は毎日、
●目薬一日四回
●腎不全対策の薬一種類
●目、腎臓、関節のためのサプリ五種類
を投与。
今、わが家で一番健康のためにお金を遣っているのはチロである。

そんな生活の中で、なくてはならないもの。
それはシリンジ。
砕いたサプリを飲ませるため、
そして腎不全対策と結石予防で水を多く飲ませるための必需品なのだ。
幸い、チロはシリンジを嫌がらないので、
一日十回以上、ゴクンゴクンと飲まされている。

IMGP0574_convert_20100428194939_convert_20100428195930.jpg
こんな感じで。

まあ、そんなにイヤな味ではないので、
なんかわからんけど飲み下している、と。

目薬は最初は怖がって暴れていたけれど、
特に痛くも痒くもないと納得したらしく、今は無抵抗。
こちらも365日やっていることなので、
素早く目薬を差す手際は今や見事なものだと自画自賛している。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

ごあいさつ

こんにちは。
訪問してくださってありがとうございます。
これは固定トップページです。
最新の記事はこの下の下にあります。

top.jpg


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

お見合い

一時預かりさんのお宅の庭で、その犬はのそのそと犬小屋から出てきた。
喜ぶでもなく、かといって警戒するでもなく、無表情で。
そしてこちらの匂いを嗅ぐと、すぐにくるっと向きを変えて、
またのそのそと小屋の中に戻っていった。
そのあまりの愛想のなさに、
「犬=明るい」と勝手に思い込んでいた私は一抹の不安を覚えたが、
今さら「やっぱやめときます」とも言えず、
まあ初対面だし、一緒に暮らせば変わるだろう、
しっぽをブンブン振って玄関まで出迎えてくれたり、
顔や手をペロペロ舐めて愛情を表現してくれたりするに違いない…
とまた勝手に思い込むことにした。

かくして後日、正式に里子となったその無愛想犬がわが家にやってきた。
チロと名付けられ、それから早12年。
結論から言うと、しっぽブンブンで出迎えは気が向いたときのみだし、
嬉しそうに顔をペロペロなど、いまだかつてしたことがない。
とにかく静かな犬で、その存在感のなさには誰もが驚く。
家電の修理に来た電気屋のおじさんが、
同じ部屋の中に犬がいることに最後まで気づかない、なんてことも。

謎の行動も多く、十数年ともに暮らした今でも、わけわからん犬。
そんなチロとの日々を、過去も含めてつらつらと綴っていきます。

_IGP0085_convert_20100427184846.jpg
おお、なかなか若々しい。
写真の魔術ですな。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
03 | 2010/04 | 05
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。