スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

起床時限定

基本的にベタベタされるのが嫌いなチロは、
撫でようとするとたいてい迷惑そうな顔をする。
けれどもなぜか最近、朝起きた時だけは……

DSCN0139.jpg
自分から頭を押しつけてくる

DSCN0138.jpg
ぐいぐいと押してくるので体が斜めになり、倒れそうになるほどだ

なぜ朝に限って?
人間の子供が寝起きにぐずって甘えてくるのと同じ原理か?
若い頃にはなかった行動で、またひとつ謎が増えた。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

スポンサーサイト

好きなだけ鳴きなはれ

犬というのは吠えるもの。
そう思っていた私は、最初のころチロがあまりにも無言なので、ちょっと心配になった。
もしかして、なんらかの理由で声が出せないのでは?
ところがある時、ワクチンを打ちに病院へ行ったら、診察台でチロが絶叫した。
あ、鳴けるんだ、とほっとしたものの、まあその声がうるさいのなんの。
メスだからか甲高く、頭にキンキン響く声だった。

阿鼻叫喚のなか何とかチロを押さえて注射を終え、
人犬ともにぐったりして診察室を出ると、
待合室で順番を待っていた他の犬たちが全員凍りついていた。
それでなくとも病院に連れてこられて緊張しているところへ、
奥から同胞の断末魔のごとき悲鳴が響いてきたのだから、
さぞかし恐ろしかったことだろう。誠に申し訳ない。

それ以降、チロは病院ではわめくものの、やはり家では寡黙。
よく言えば控えめ、悪く言えば陰気なまま年を重ねたが、
一年ほど前から少しおしゃべりになってきた。
どうしても今オヤツが欲しい、早く車から降ろせ、
といった強い要求がある時に鳴くようになったのだ。
老いとともに少々ワガママになってきたのかもしれない。
相変わらず甲高い声で非常にうるさいが、
それも週に一度あるかないか程度なので、
暗かったチロもようやく感情表現が豊かになってメデタイ、と思うことにしている。

_IGP1602.jpg
散歩の途中でブランチ。自分のオヤツをじっと待つ

_IGP1150.jpg
なかなかもらえないので、口がイーッとなってきた

_IGP1218.jpg
ようやくもらえて満足満足


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

哀しきドッグラン

昔、何度かドッグランに挑戦したことがある。
明らかに社会化されていないチロに、少しでも友達と遊ぶ経験をしてほしかったからだ。
だが、元気に走り回る犬たちをチロは呆然と見つめるばかり。
世話好きなワンコが何度か誘いに来てくれるのだが、
チロは他の犬とどうやって遊んだらいいかまったくわからないようだった。
つられて少し追いかけっこをしても、
相手がちょっと体をぶつけてきただけで怯えて固まってしまう。
きっとお母さんやきょうだい達と転げ回ったこともないまま、
大人になってしまったのだろう。

そんなチロは遊び相手として面白いわけもなく、
いつしか他の犬たちはかまってくれなくなり…。
楽しそうにじゃれ合うワンコたちを尻目に、
敷地の隅でひとり地面の虫をたたいて遊んでいるチロを見るのは、
飼い主として切ないものがあった。

でもチロは犬が大好きで、おとなしい相手ならなんとか挨拶できるし、
攻撃性はいっさいないので、まあこのままでいいか~と思いながら今日に至っている。

_IGP0898.jpg
散歩の途中で会った子犬さんとにらめっこ

_IGP0900.jpg
腰が引けつつ、じりじりと近づいて、ようやくご挨拶。
こんなチビちゃん相手でも、ちょっとビビっております


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

みんな優しい

若犬たちの登場で華やいだところに、
ふたたび老犬の世界へ逆戻りですが、あしからず。

チロの足取りがおぼつかなくなってから、
散歩をしていると通りすがりの人に声をかけられることが多くなった。
「あらあら、かわいそうに」…そう言われると、ちょっと悲しくなる。
でも、にこにこした顔でチロを見て、「がんばってるね」とほめてくれる人もいる。
そう言われたときは嬉しい。

なかには、ご自身の今は亡き愛犬の思い出話を聞かせてくれる方も。
そしてどこか懐かしそうにチロを撫でながら、
「ちゃんと自分で歩いてるね。これならまだまだ大丈夫」
と言ってくださるのを聞くと泣きたくなる。

かわいそう、と言う人、
えらいね、がんばってるね、と言う人、
どちらも同じ優しい方々なのだ。

_IGP1136.jpg
ほら、側溝だって、まだ飛び越えられる!

_IGP0179.jpg
階段だって、なんのその。

_IGP1180.jpg
クヨクヨすんなよ、とウインク(?)


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

本日のお客さま

昨日に引き続き、若くてピチピチのゲストをご紹介します。

001.jpg
動物保護団体のARKから、
私の知人であるTさん宅に迎えられたマックくんです。

リード2 005
まだ一歳。まなざしが力強いですね。
うちのチロも若い頃はこんな目をしてたな~。

リード2 028
生後三~四ヶ月ほどでARKのシェルター前に置かれていたというマックくんですが、
これからは優しい家族に愛されて、幸せな人生を送ることでしょう。
今はセラピードッグ目指して訓練中とのこと。すばらしい!
がんばれ、マックくん!

プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
04 | 2010/05 | 06
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。