スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

K氏、倒れる

チロの最愛の恋人、K氏が倒れた。
前日まで元気に歩いていたのに突然。
今は自力では動けず寝たきりで、病と闘っている。
K氏はもう17歳だが、チロよりよほど足腰はしっかりしていたし、食欲も旺盛だったのに…。
高齢犬は元気そうに見えても、本当にいつ何が起きるかわからない、と痛感した。
今はただひたすら、快復を祈るばかりだ。

DSCN0154.jpg
こんなふうに、いつもご主人様と一緒に畑へ出勤し、
トラックの下でくつろいでいたK氏。
またこんな姿を見せてほしい。
神様、どうかお願いします、K氏を助けてあげてください

当然ながら、チロは何も知らない。

DSCN0744.jpg
昨夜もいつものように、帰宅したオヤツ係につきまとっていた

DSCN0743.jpg
無邪気なチロの顔を見ていたら、なんだか泣けてきた


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

今季、初着衣

東京にも木枯らし一号が吹いた昨夜、
夜のサンポのとき、今季はじめてチロに服を着せた。

DSCN0726.jpg
かわいいと言えばかわいいのだが…やっぱり動物が服を着ている姿は奇妙だ

前のボタンが留められていないのがおわかりだろうか?
これ、留めると胸のところがパツンパツンになってしまい、
前脚の動きが不自由になってしまうのである。
柴犬は鳩胸なので、胸のサイズに合わせて買うと全体的にダブダブだし、
胴体まわりのサイズに合わせて買うと、たいてい胸のところがきつい。
なので、できるだけ伸縮性のある生地の服を選ぶしかない。
このパーカーは生地があまり伸びないので、前は開けたまま、というわけ。

DSCN0728.jpg
夜が更けてますます寒くなってきたので、寝るときにも寝巻き代わりのTシャツを着せた

DSCN0729.jpg
そして朝、チロはまだ夢の中だが……ん?なんかヘン

DSCN0731.jpg
もろ肌、脱げちゃってます。
なんでこーなるの?!


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

「セレブ」なワンコではないけれど

犬(未来ちゃん)の慢性腎不全日記」で教えて頂いた、
Celebわんこ」でオヤツを注文してみた。

DSCN0715.jpg
上がマフィン、左下が鯛焼き、右下が小豆いもようかん

まず鯛焼きをチロにやってみたところ、狂喜乱舞!
かなり美味しいらしい。
私も一口食べてみたが、まさに「甘味のない鯛焼き」そのものの味。
原材料も良いものを使っているのがわかった。
チロはもともと鯛焼きに目がない。
盗み食いはしないはずなのに、以前、テーブルにのっていた鯛焼き(人間用)を
くわえて逃げたことが一度だけある(すぐに取り返したけれど)。
そのとき私の頭の中には
「たいやきくわえたしばいぬ~」とサザエさんのメロディが鳴っていた。

続いて翌日、小豆のいもようかんを与えてみたが、これはイマイチ。
食べることは食べるが、それほど喜ばなかった。
今夜はマフィンを試してみよう。
これはいかにも好きそうだけど、チロの反応やいかに?

_IGP5338.jpg
こちらは人間用のケーキに巻かれていたフィルムについたわずかなクリームを
必死に舐め続けるチロ。
やっぱり味が濃いものは美味しいのでしょうね


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

その音、キライ!

若い頃は、ペットボトルが「ペコン」とへこむ音にも震えていたほど音に敏感だったチロ。
だが耳が遠くなった今では、ほとんどの音に反応しなくなった。
それでもまだ大の苦手なのが、自転車のブレーキ音。
散歩中に「キキーッ」という音が聞こえると、
ビクッと体を奮わせて、しばらく動かなくなってしまう。

私もあの神経に障る音は大嫌いなので、チロの気持ちはよくわかる。
そういう自転車に乗っている本人はずーっとその音を聞いているわけだが、
うるさいと思わないのだろうか? もう耳が慣れてしまっているのか?

_IGP4813.jpg

せっかくのゴキゲンな散歩も、あの音が響き渡ると台なし。
誰にとっても迷惑な音だと思うので、自転車の整備はちゃんとして欲しいものだ。

ちなみに、もうひとつチロの苦手なもの。
それは後ろから来たバイクに追い越される瞬間。

_IGP5486.jpg
写真右端のバイクにビクッとして、こんな顔になってしまう。
スピードを出している車や自転車でも、たまに同じことが起きる

あらゆる感覚が鈍っているので、
背後から何か近づいているということが、もう認知できないのだろう。
だから、いきなり飛び出してきたモノにびっくりしてしまう、と。
心臓に悪いと思うけれど、ブレーキ音と違って、
こればかりはどうしようもないなあ……。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

定期検査

昨日、月に一度の尿検査で病院へ行った。
結果は尿比重が1.025(前回1.028)で少し下がってしまったが、まあ許容範囲。
pHも6.5(前回6)で、なんとかぎりぎりセーフ。
とりあえず現状維持ができているようで、ひと安心。

ついでに先日の「ベッドでうんP事件」について、先生に訊いてみた。
「漏らしてしまうのは老化現象なので仕方ないですね。
食糞は犬には珍しくないことで原因も様々ですが、
高齢なワンちゃんの場合は痴呆症状のひとつとも考えられます」

痴呆症……。
確かにチロはそうなってもおかしくない年齢ではあるけれど、
ほかに該当するような症状は出ていない。
たまに家具の隙間にはまってしまうことはあるが、
自分でバックして脱出できるので、
これは痴呆のせいではなく目が悪くなっているせいだろう。
夜中に起きて寝室の中をウロウロすることもあるが、
短時間のうちに自分でベッドに戻ってちゃんと寝ている。
そう考えると、本格的な痴呆症になっているとは考えにくい。
なので、やはり先日の食糞は突然のうんPの出現にビックリしたせいで、
たまたまパクッとしてしまったのではないか……と希望的観測。

DSCN0668.jpg
昨晩、オヤツにかぶりついたときオヤツ係の指までかじってしまった罪で、
また捕獲の刑に処されたチロ。
オヤツを前にしたチロは動きにもキレがあり、痴呆とは思えないのだが……

診察室を出る際、先生が「もう半年以上ずっと数値も安定していますし、
三ヶ月に一度くらいの尿検査でも大丈夫だと思いますよ」と。
そう言われたら喜ぶべきなのだろうが、
シニアワンコはいつ急変するかわからないのだから、三ヶ月に一度では不安だ。
先生は経済的なことも考えて、そう言って下さったのだろうけれど。
う~ん、二ヶ月に一度にするべきか……考え中。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
09 | 2010/10 | 11
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。