スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最強の防寒寝巻き?!

先日、二階に行ったオヤツ係が下りてくるなり言った。
「上にヒツジの抜け殻がぶらさがってる!」

DSCN0864.jpg
↑これのことである。
チロのための脱げない寝巻きを探して、見つけたのがこれだった
(着せる前に一度洗濯して干してあるところ)

DSCN0850.jpg
これなら絶対に脱げないし、間違いなく暖かいはず!

でもこの服、はっきり言って、かなりお高い。
ユニクロの安めのフリース三着分くらいのお値段。
私なんか、二年前に買ったユニクロのフリースをまだ着ているというのに。

なんでも、素材がオーガニックコットンなのだという。
別にそれはどうでもいいのだが、
ネットで写真を見たとき、これを着たチロを見てみたくて我慢できなくなってしまったのだ。

DSCN0860.jpg
当然こういうロンパース型の服がぴったり合うわけはなく、
後ろ足が長すぎるので、裾上げをしなくてはいけない

DSCN0856.jpg
なんだか拘束衣を着せられているようで、呆然としているチロ……

今はまだそれほど寒くないが、いずれこれの出番が来るであろう。
腎臓に冷えは大敵なので仕方がない。
フリースや毛布を上にかけても、寝返りを打つうちに剥いでしまうのだから。
窮屈かもしれないけど、我慢してくださいな~チロさん。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

定期検査、ああ、やっぱり…

昨日は尿検査の日だったので、朝イチのオシッコを容器に採った。
おや?なんだか妙に濁っている。
数日前からpH値も高め。
これはもしかして……
「膀胱炎です」
あ~やっぱり……。
「でもまだ血液や石の結晶は見られないので、症状は軽いです。
抗生剤を10日分出しておきますから、
薬を飲みきったら、また尿検査に来てください」

前回の検査のとき、先生に「尿検査の間隔をもっと空けてもいい」と言われたのだが、
やはりこういうことがあるので油断できない。
今までどおり月イチでやらないと。

尿比重の方は1.024で、前回(1.025)とほとんど変わらず、
腎臓の方は現状維持ができているようだ。ほっと一安心。
本犬もいたって元気そうなので、
とにかく抗生剤が早く効いてくれることを祈る。

_IGP6187.jpg
祝日だった火曜日の写真。
ちょうど雲間から日が差して、妙に神々しい一枚

_IGP6201.jpg
鼻デカ写真はやっぱりかわいい

_IGP6226.jpg
完全に晴れてきて、秋の清涼な空気が快適だった

_IGP6243.jpg
お待ちかねの肉まんタイム。
今週は二回も食べられてラッキー!

_IGP6251.jpg
間違いなく笑っている、ヘラヘラした顔

_IGP6273.jpg
そのまま足取りも軽く、家路に着いた

_IGP6281.jpg
最後に今日もカメラに向かってガオーッ!!


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

柴犬の服は難しい

一昨日の晩、久々にオネショ祭りを開催したチロ。
そのため寝巻き代わりのセーターも濡れてしまったので、
こちらのセーターにチェンジした。

DSCN0834.jpg
このセーター、悪くはないのだが、サイズが大きすぎるのが難点。
首回りがゆったりしているので、
寝返りを打つたびに後ろへずれていってしまうのだ

そして案の定……

DSCN0835.jpg
……脱ぎ捨てられている。
ずれたとしても、なぜ完全に脱げてしまうのかは謎だ

これからの冬本番に向けて、絶対に脱げない寝巻きを調達しなくては。
鳩胸なのでサイズが難しいのがいつもながら問題。
ネットで買うと試着もできないし。
自分でワンコの服を作れる人が本当にうらやましい。
私には裁縫の才能がないだけでなく、
そもそもうちにはミシンがないのである。ああ、情けない……。

にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

「ワタシを見て!」

休日の夜はいつも、
その日の散歩で撮った写真をテレビ画面に映して取捨選択をしている。
とても楽しいひとときなのだが、
この作業はチロが二階で寝ているあいだに行わなければならない。
なぜなら、チロが起きていると必ず邪魔をするからだ。

DSCN0836.jpg
テレビの前に座るオヤツ係に、ぐいぐいと体を押しつけてくる

DSCN0840.jpg
片方の前足を彼のあぐらの中に押し込む。
いつもはこちらがベタベタすると嫌がるくせに、
こういう時は自分からぴったり体をくっつけてくるのだ

自分が注目されていないのが気に入らないらしい。
でも甘えているというよりは、要するにオヤツが欲しいのだと思う。
その証拠に、オヤツ係にはこんなにスリスリしても、
すぐ横にいる私には近づいてこない。

DSCN0843.jpg
確かに私はめったにオヤツをやらないから、
彼の方にばかりベタベタするのもわかるのだが……
なんだかこの写真、勝ち誇ったような表情に見えるのは気のせい??
もしかして、まさか私をライバル視しているのか?!


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

カメラマンはつらいよ

休日の散歩でチロが突然走るようになってから、
撮影担当であるオヤツ係は大変苦労している。
もともと犬の目の高さできれいな写真を撮るのは難しいうえに、
動きが速いとチロをフレーム内に収めるのも、ピントを合わせるのも非常に困難だ。

_IGP5992.jpg
昨日の写真。
久々に美しい跳躍を見せたが、残念ながらピンぼけ……

_IGP6001.jpg
ゆっくりした動きなら、まだマシ?

_IGP6015.jpg
食べ物を前にするとあまり動かなくなるので、撮影は楽だ

_IGP6022.jpg
これは鼻にピントが合っている

_IGP6044.jpg
もっと何かもらおうと愛想笑い。
犬って本当に表情が豊かですよね

_IGP6059.jpg
せっかくきれいな写真が撮れていたのも束の間、
暴走スイッチがオンになると……

_IGP6083.jpg
う~ん、やはりちょいとピンぼけ

速い動きでもピントが合うようにするには、
もっと高度なレンズをつければいいらしい。
でも、犬の写真を撮るためだけに何万円もするレンズを買うというのは、
さすがにちょっとね~。
チロがいつまで走ってくれるか、わからないし。

_IGP6110.jpg
またいきなりダッシュ!
こうなると、もう止まらない

_IGP6118.jpg
笑いながら走る犬。
やはりややピンぼけで、被写体がセンターに来ていない

_IGP6134.jpg
これは珍しくピントOK!

暴走するチロの前にカメラを向けて後ろ向きに走っているとき、
オヤツ係がぬかるみに足をとられて派手に転んだこともあった。
カメラは無事だったが、肘に大きな擦り傷が。
オヤツ係は「大人になってから転ぶなんて初めてだ…」と少し落ち込んでいた。
(ちなみにそのとき、チロはキョトンとして、すっ転んだ彼を見ていた)

高級レンズを買うお金はないので、
がんばって撮影技術を研究してちょーだい!


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
10 | 2010/11 | 12
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。