スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夜鳴きは続く…でも元気

相変わらずチロの夜鳴きは続いている。
まず、寝始めるときに必ず1回。
そのあと朝までに2~3回というパターンが多い。
私もだんだん慣れてきて、そのくらいの回数なら許容範囲になってきた。
たまに6~7回鳴くこともあり、そういう夜はさすがにツライけれど。
どんなに小さな鳴き声でもすぐさま起きてしまう自分が誇らしいやら、恨めしいやら。
なぜに鳴くのか……理由は相変わらず謎である。

でも、本犬の体調はそんなに悪くないようで、
昨日は久々にブランチ散歩(この寒いのに!)。

_IGP8219.jpg
なかなかやる気のありそうな顔

_IGP8229.jpg
まずはササミ~

_IGP8237.jpg
「あっ、肉まん!」

_IGP8235.jpg
「うめ~っ!」

_IGP8291.jpg
妙に真面目くさった顔で歩いていたかと思えば……

_IGP8215.jpg
なんなの、突然?!

_IGP8248.jpg
恐ろしく寒かったけれど、チロは満足したご様子。
写真には撮れなかったが、少しだけ走ったりもした。
チロのご機嫌がよければ何よりである

ちなみに細胞診の結果、
私は要するに「かなりひどい胃炎」だった。
非常に胃癌になりやすい状態なので、
今度は半年に一度の胃カメラ命令が出た。
やれやれ……でも、今すぐどうこうという病気ではなかったので、
とりあえず一安心(していいのか?)。
これ以上、胃をいじめないように自重します……。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

また金食われた……

寒さは一向におさまる気配もなく、
結局毎朝、人間のベッドに入れられているチロ。
落下防止のために、こんなものを買ってみた。

DSCN1103.jpg

本来は布団がずり落ちるのを防ぐためのモノらしいが、
チロの体長と同じくらいのサイズでちょうどいい。
送料込みで、約2500円。
金食い犬」にまた金を食われてしまった。

少なくともこれで落下の心配はなくなったが、
クシャミをしたり、反り返ったり、寝言を言ったり、
夢の中で走っているのか足をバタバタさせたりと、
相変わらず安眠を妨害されていることには変わりない。
常に眠りが浅いと日中こんなに眠いとは知らなかった。

しかも最近、チロはどうにも寝つきが悪く、
昨夜も1時~6時のあいだ、ほぼ30分~1時間おきに起きてしまい…。
そのたびに私も起きて寝かしつけ。
ベッドに入れてしまえば多少は長く寝るかもしれないが、
それはそれで私も熟睡できないというジレンマが。
どちらがマシか、難しいところである。

なかなか長く寝ないのは老化のせいか、
それとも寒さのせいか?
後者だといいのだけれど。

110102_114115.jpg
起床前、私の布団の中でまどろむチロ。
ボーッとした穏やかな顔が可愛い。
人間も朝、布団の中でウダウダしてる時って、気持ちいいですもんね


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

恐るべきマインドコントロール

オヤツ係いわく、
「台所に行くと、腹は減ってないのに、なんか食べなきゃって思うことがある。
そういう時は必ず、チロがじっとオレを見てるんだ……」

間違いなく、この人はマインドコントロールされている。
おそらくチロは「なんか食え~なんか食え~」と念力を送っているのだろう。
そうすれば、モノによってはおこぼれを貰えるから。
かくして毎晩、彼はカステラやら甘納豆やらマドレーヌやらを深夜に食うはめに。
それでもまったく太らないのは羨ましい限りだ。

DSCN0769.jpg
魚肉ソーセージに熱い視線を送るチロ

ちなみに私は台所に行っても、そういう気分になることはない。
冷蔵庫から出したジャーキーをわざわざ手で温めてから与えるような、
過保護な優しい人にしか、チロの念力は効かないのであろう。

DSCN1095.jpg
何度見ても妙に笑える「布団をかけて寝てる犬」……


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

健康がいちばん

年明けから何だかバタバタしていたうえに、
先月からどうにも胃腸の調子が悪く、更新が滞ってしまった。反省。
結局、今日胃カメラをのんできた。
あれこれ考えて不安になっているよりは、その方が手っ取り早いので。
結果、見た目には特に異状はなかったが、
念のため、組織を採って病理検査。
結果は一週間後に出る。
でもまあ、たぶん大丈夫だろう…なんとなく。

これまでもそれなりに健康には気を遣ってきたけれど、
病気になったらなったでしょーがないなあ、と思っていた。
でも、今は病気になるわけにはいかない。
もし私が入院や手術なんてことになったら、
チロの面倒は誰が見るのか?
チロを無事に(?)見送るまでは、
私は健康でいなくてはいけないのである。絶対に。
守るべき者と暮らしている方は、きっとみなさん同じ気持ちだと思う。
お互い、体には気をつけましょうね。

さて、最近のチロ。
相変わらずヨロヨロがひどくなる一方だが、
食欲…いや、オヤツ欲は旺盛なので、
内臓的には頑張っているようだ。

DSCN1080.jpg
最近、一階にいる時はずーっとウロウロと落ち着かない。
あまりに歩き回るので、久々に捕獲の刑

DSCN1085.jpg
一見くつろいでいるように見えるけれど…

DSCN1089.jpg
やっぱりしばらくするとジタバタ~

でも、抵抗する元気があるのは良いことだ!


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

ゆっくり歩いていこう

年末から、なんだか足腰の衰えが急に進んでしまったチロ。
休日の散歩でも笑顔が少なくなり、走ることもなくなってしまった。
でも考えてみれば、年齢相応なのかもしれない。
犬の時間は人間の時間より早く進むのだから、
短期間でガクッと老化が進んでも不思議ではない。

_IGP7435.jpg
それでもこうして食欲(オヤツ欲)は旺盛なのだから、
贅沢を言ったらバチが当たる

_IGP7494.jpg
お、ちょっと笑顔が出たかな?

_IGP7659.jpg
足がヨロヨロでも、こうしてまだ歩けるのだから感謝感謝。
ゆっくりゆっくり歩こうね

_IGP7680.jpg
家に帰ってモニターで見るまで、
左端から忍び寄る猫さんがいたことに気づかなかった!

_IGP7538.jpg
もちろん肉まんは食べます。
また上顎に皮が張りついてしまい、必死にペロペロ~

_IGP7771.jpg
最後にいつものエリアでオシッコ。
なぜカメラ目線?

東京もずっと最低気温が0度くらいなので、
足腰がツライのはそのせいもあるのだろうか?
できるだけ冷やさないようにはしているけれど、
排泄は基本的に外でしかしないので、
激寒の夜中でもサンポに連れていかざるをえない。
つくづく、家の中での排泄習慣をつけておけばよかったと後悔…。

日本中のシニアワンコたちのためにも、
この寒さが早くおさまりますように。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
12 | 2011/01 | 02
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。