スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

穏やかに過ごしています

昨日の記事にも、たくさんの応援コメントをありがとうございました。
またまたお返事を書けなくて、申し訳ありません。
でも、みなさんが見守って下さっていると思うと、本当に心強いです。

おかげさまで、チロは穏やかに過ごしています。
帰宅後から少しずつゴハンを食べさせていますが、
今のところ嘔吐はありません。
もちろん、まだ油断は禁物ではありますが。

DSCN1320.jpg
今日の昼のサンポです。やはりまだ顔がちょっとボーッとしています

昨晩は一度も夜泣きをしませんでした。
うちに帰ってホッとしたからか、
病院では間違いなく睡眠不足だったからか……。
でも、夕方からまた少しグズリ泣きを始めたので、
今夜からはまた夜泣き攻撃が始まると思います。

本来なら、もう1~2日入院して点滴を続けた方が良かったのですが、
動き回るようになって長時間の点滴が難しくなってきたこと、
頻繁に鳴くことなどから精神的な負担が大きすぎると判断し、
退院させることにしました。
GPTの値は211(入院日は478)だったので、
まあギリギリというところです。

今後は二種類の薬を毎日服薬し、一ヶ月後くらいにまた血液検査をして様子を見ます。
獣医さんは「病院に連れてくるのがもう少し遅かったら、危なかったかもしれません。
でも、肝炎であの状態だったことを思えば、驚くほど最短の時間で快復したと言えますよ。
チロちゃんは不死身ですね(笑)」。
……チロは意外にしぶとい犬のようです。
でも、とにかく老犬の場合は特に、早め早めの対処が重要だと改めて痛感しました。
あっという間に悪化してしまいますから。
腎不全にばかり気を取られていたところに、肝炎という不意打ちを食らいましたが、
すべての臓器が等しく衰えているわけですから、
今後も何が起きても不思議ではありません。

そして案の定、入院前より足腰のヨロヨロ度が少しひどくなっています。
ずっと狭い檻の中にいたので仕方ないですね。
若犬の3日間と老犬の3日間はぜんぜん違いますし。
これがもし一週間とか入院していたら……恐らく寝たきりに近い状態になってしまうでしょう。
入院の際、獣医さんもそれを非常に心配していましたが、
今回はなんとか3日で済んで本当に良かったです。

DSCN1322.jpg
夕方のゴハンのあと、いつものようにササミ(薬を仕込んである)をもらいに来ました。
ちゃんと覚えていたようで、ひと安心

DSCN1326.jpg
「覚えてるに決まってるでしょ!」

ちなみに、ずっと点滴してほとんど絶食していたせいか、
腎臓の方にも良い影響を与えたらしく、なんと数値が正常値になっておりました。
不幸中の幸い、というやつですね……あまり喜べませんけど。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

退院できました!

みなさま、たくさんの応援コメントをありがとうございました。
おひとりずつにお返事できなくて本当に申し訳ありません。
おかげさまで、チロは先ほど退院できました。
まだ数値は高いのですが、ギリギリ許容範囲ということで。
今さっき帰宅したばかりで、
これから体を拭いてやったりゴハンを食べさせたりしなくてはいけないので、
取り急ぎ、ご報告のみで失礼いたします。
できれば今晩、また書きます。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

入院中…

昨日からチロは入院しております。
日曜日、昼間はいつもどおりブランチ散歩をして元気だったのに、
夜になって嘔吐があり、昨日も嘔吐が続いて様子もおかしかったので病院へ行きました。
てっきり腎不全が悪化したものと思っていたのですが、診断はなんと「肝炎」。
そのまま入院と相成りました(ちなみに血液検査の結果、腎臓の方の値は良好でした)。

病院に着く頃にはもうぐったりしていて、
一か八かステロイドを打つか迷いましたが、
獣医さんと相談の結果、24時間点滴をしてみて、
それで効果がなければステロイド、という結論になりました。

そして今日、先ほど病院へ。
ありがたいことに、数値は全体的に少し下がっていました。
獣医さんいわく
「一日でこれだけ下がるというのは非常に良いと思います。
普通はもっと時間がかかるので。
このまま点滴を続けて、また明日血液検査をしましょう。
正直、昨夜はもうぴくりとも動かなくなって呼吸も浅く、
もうダメかもしれないと思いましたよ」。

とりあえず、峠は越えたようです。
でも、まだ急変して痙攣などが起こり、
そのまま亡くなる可能性もなくはないと。
ただ、獣医さんは「自分的には楽観視している」
とおっしゃってくれました。

短時間だけ面会をしました。
チロはいつもの声で泣いていました。
でも昨日は泣く元気すらなかったことを思えば、喜んでいいのかも。
少しだけ檻から出して、しばらく抱きしめてから帰りました。
体力が少し戻ったのなら、今夜は夜泣きをするかもしれません。
病院の床に毛布を敷いてひと晩、添い寝しちゃダメ?と尋ねようかと思いましたが、
ダメに決まっているので諦めました。

明日、数値がもっと下がっていますように。
GPTが200くらいまで下がったら、退院できるそうです。
あまり長く狭い檻の中にいたら、ますます足腰も弱るし、
ストレスで痴呆になる可能性もあります。
何より、知らない場所でひとりぼっちで
狭い檻の中でジタバタして(滑るので)泣いているチロを思うとたまりません。

きっと大丈夫。
そう信じています。

DSCN1316.jpg
ボケボケになってしまいました。
じたばたしていたので暑いらしく、ちょっと口が開いています


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

尿検査でガックリ…

一昨日、いつもの尿検査のためオシッコを採った。
ん?なんだか妙に色が薄い…。
嫌な予感は当たり、尿比重がガクンと下がっていた。
これまでは大体1.026~1.022だったのに、今回は一気に1.017。
尿比重値は変動が大きいとはいえ、こんなに下がったのは初めてだ。
獣医さんも「う~ん、原因に心当たり(いつもより水を多く飲ませたとか)
がないなら、ちょっと心配ですね」。
この日はたまたまだったのかもしれないが、
これまでにない値を示したということは、
病気が一段階進行したということなのだろう。
腎不全は良くて現状維持、あとは悪くなるだけという病なので、
仕方がないことなのだけれど。

pHは6、タンパクも菌も出ていないから、
今すぐどうこうという状態ではないが、要注意なのは間違いない。
今月末にフィラリアの血液検査をするので、
その時に全体の血液検査と再度の尿検査をしようと思う。

わりと順調に現状維持が出来ていたので油断していたところにこの結果、
けっこうヘコみます…。

もっとも、チロ自身は特に変化なく、
オヤツとササミには相変わらず小走りで(よろけながらも)近づいてくる。

IMGP9551.jpg
私が台所で肉(人間用)を焼いていたら、見に来たチロ。
すっかり五感が鈍くなったくせに、
こういう時だけはしっかり反応するのはなぜだ?

IMGP9548.jpg
自分に都合のいいことだけは、ちゃんと気がつくワケね…


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村

桜めぐり

日曜日、天気も良く、チロの体調もまずまずな感じだったので、花見に出かけた。

まずは、いつも行っている公園。

_IGP9588.jpg
この少し低くなっているスペースは稲作用の田んぼなのだが、
この時期は毎年宴会場と化す。
でも、やはり今年は花見客も少なめだった

_IGP9607.jpg
もちろん、チロは桜には興味ナシ

_IGP9617.jpg
でも機嫌は良く、頑張って歩いていた
(花見前にいつものベンチで栄養補給済み)

_IGP9720.jpg
やはり柴犬と桜は相性バツグンだけれど、
チロには華やかな桜より、こういう小さな花の方が似合うような気もする

_IGP9628.jpg
次の花見ポイントへ移動中~

_IGP9669.jpg
この桜は公園から少し離れた川沿いに一本だけ立っている。
かなり大きな木で、歩道から川に枝がせり出していて、なかなか迫力がある

続いて、三番目の花見ポイントへ。

_IGP9684.jpg
笑っているように見えるが、
単に暑くなってきたので口が開いているだけ(だと思う)

_IGP9708.jpg
ここは遠くからも人が見物に来る、けっこう有名な桜並木。
途中にこの歩道橋があり、その上で大勢の人が写真を撮っている

_IGP9704.jpg
私たちも調子に乗ってバシャバシャ撮っていたのだが、
ふと見ると、まわりのカップルや家族連れがチロを見て笑っていた。
もちろん悪意のある笑いではなかったけれど、ちょっと恥ずかしい…

_IGP9707.jpg
長く歩いて疲れたのか、チロはうとうと~

正直、今年もまたこうしてチロと一緒に歩いて桜を見られるとは思っていなかった。
日々確実に衰えているとはいえ、今という時間を穏やかに過ごせることに感謝。
同時に、花見どころではない被災地の方々を思うと胸が痛む。
本当に一日も早く、すべての人に静かな生活が戻ってきますように。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
03 | 2011/04 | 05
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。