スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

「上がれません…」

以前、獣医さんに「足腰がだいぶ弱ってきました」と告げたら、
「まだ大丈夫、後ろ足の甲が汚れてないから」と言われたことがある。
そして今……

DSCN1193.jpg
散歩から帰ってくると、後ろ足の甲が黒くなっている

後ろ足を引きずるようになって、甲が地面に擦れてしまうのだろう。
毛があるのでまだ傷つくことはないが、
そのうち擦り傷ができるようになってしまうかもしれない。

ここ一週間ほど、足腰がいっそう不安定になった気がする。
先日はついに玄関の段差が上がれなくなった。
上がろうという意欲は感じられるのだが恐怖感があるらしく、
段差の前で延々と躊躇している。

DSCN1207.jpg
「上がれません……」

とはいえ、タイミングによってはまだ自力で上がれる時もあるので、
あまりすぐには手助けせずに見守るようにしている。
いよいよダメとなると泣き出すから、その場合は救助。
まだ今の時点では、「できる限り自力で」を大切にしたい。

茶々とおひるね」の松の実さんに
昔歩いた場所に行くのは脳の活性化に良いと教えて頂いたので、
今日の夕方はかつての散歩コースに行ってみた。

DSCN1200.jpg
後ろに見える階段があるので、もう久しくこの道は通っていなかった。
若い頃のチロはこの階段を一気に駆け下りて、
こちらの方がついていくのが大変だったっけ……


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そうですね、なるべく自力で頑張れる間は頑張らせたいですよね。チロちゃんのために!すぐに手助けをしたい気持ちを堪えて(x_x)お散歩で歩けるだけ歩かせてあげるのも大事ですからね。疲れたら抱っこがありますから(^^ゞチロちゃんはあまり好きじゃないかもしれないけど…。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

急にガクッと老けこんだり体力落ちたりすると頭では
わかっていても、ショックですよね。
でも、本人(本犬)自信はさほど気にもせず、呑気そうじゃ
ないですか。与えられた環境、状況に順応して日々
淡々と生きていく様を見るとこちらの生き方も考えさせられます。
チロちゃんは、さとさんの大きな愛に包まれて
幸せな毎日だと思います。

No title

チロさん 玄関を上がるのに 失敗した記憶があるのかな?
もう1段 何かで 足すのは いかがでしょうか?

私はBOSSを 甘やかしたのかな~?
すぐ 手を貸したので(笑)
滑るところは 本当に過保護でした。
公園の入り口なんかは 段差が低いので
上がれるか?上がれないか?って
調子を見ていましたが、、、。

足の甲が汚れる!?
気にした事無かったですが チロさん 汚れてますね。
擦ってはいないのかな?
傷にはならない様に お気をつけくださいね。

デヴィの靴で いろいろ試してますので
良い方法が見つかったら 、、、
見つかるかな?見つけたいのですが。(苦笑)

No title

チロさん&さとさん、こんにちは。

足の甲が汚れる?・・・確認したら、うちのも汚れてました。
右後ろ足だけ、うっすら灰色ですよ。
アスファルトを歩いていると、爪の「チャッ、チャッ、チャッ、チャッ」と規則正しい音がするんですが、最近「ザッ」って音が入るんです。その時に、足が上がらなくて甲を擦っているんだと思います。

できるだけ、自力で段差を上がって欲しいと思うのですが、ついつい手を貸してしまいます。
変な風にひねって、筋でも痛めたらどうしよう・・・とか過保護すぎますかね?(笑)
チロさんは、散歩から帰ってきて、足はどこで拭きますか?
うちのリンさんは、玄関に上がる直前に雑巾で拭いているんですが、前足を拭いて、後ろ足を拭いている途中に、私の腕を踏み台にして玄関を上がってしまいます。

No title

老わんこさんは後ろ足からよわっていきますからね。
立っていても時間が経つとしゅ~んと折れ曲がっていきます。
若い元気な頃を見てきただけに、切なくなります…

上れた場所が上れなくなったり…でも、そんなことも全て受け止めてあげなければと思うんですよ。
そのぶん、昔とは違った穏やかな時間を過ごしてもらえたらいいなって思うのです。
でも、歩かせることはとても大事ですね。
疲れない程度にですが。
筋力が大事ですものね。
昔、歩いた道をどんどん歩いてくださいね。

Re: タイトルなし

ななチロママさん、コメントありがとうございます。

なんでもかんでも先回りして助けてやると、
衰えが早くなってしまうような気がするんですよね…。
すがるような目で見られると、つい手を出したくなってしまうんですけど。
散歩もハーネスで支えてやりながら、できるだけ歩かせるようにしています。
ヨロヨロしているので、
先日も知らないおっさんに「見てると可哀想になっちゃうなあ」
言われちゃいました。ちょっとムカつきました(笑)

Re: No title

nonkimamaさん、コメントありがとうございます。

そうなんです、本人はたぶんそんなに気にしてないと思うんですよ。
「なんか最近、うまく体が動かないなあ」くらいで。
人間の方が勝手に気に病んでいるんですよね。
昔はああだったのに~なんて嘆いてもしょーがないのに…。
でも痛いとか苦しいということは今のところ無さそうなので、
それは救いです。

Re: No title

BOSS母さん、コメントありがとうございます。

すでに何度も失敗しております(笑)。
前足を上にかけたはいいけれど、
後ろ足が持ち上げられなくて固まってしまったり、
後ろ足を上げ損ねて後ろに引っ繰り返ってしまったり…。
だから慎重になっているのだと思います。
段を足すことも考えたのですが、
玄関のスペース自体がすごく狭いので、
かえって動きづらくなってしまうんですよね~。

今はまだ自力で上がれるときもあるので
すぐには手を貸しませんが、
それもあと少しの間だろうなと思っています。
もっと弱ってきたら転倒して骨折などの危険も出てきますから、
私もすぐ助けるようになるでしょう(笑)。
確かに滑るところは既に危険なので、
今もすぐにヘルプしています。

後ろ足はもう引きずり気味になっているので、
どうしても甲が地面に擦れてしまうんですね。
毎回黒くなってしまうため、
もう拭いてもあまりきれいになりません(笑)。
このままずっと擦っていると、
いつか毛が抜けて皮膚に傷がついてしまうのではと心配です。
デヴィさんも足問題はいろいろ難しいですね。
靴…チロに履かせたらどんな反応を見せるかな~?

Re: No title

ゆちさん、コメントありがとうございます。

リンさんも、やっぱり後ろ足汚れてましたか。
獣医さんにそう言われて以降、
常に足の甲を見て「よしよし、まだ汚れてないぞ」と安心していたのですが、
ついに、という感じです(泣)。
「ザッ」っていう音、わかります!!
いかにも引きずっている感じの「ズリッ」という音も混じりませんか?

私もチロが玄関を上がるとき、ドキドキしながら見てます。
確かに転んだり引っ繰り返ったりする可能性も高いので。
だからそうなる前に支えられるように、
常に中腰で構えた体勢で見守っています(笑)。

うちも玄関を上がる前に足を拭いてますよ。
最近はちゃんと立ってくれないので、
後ろ足が拭きにくいです(甲をしっかり拭きたいのに!)。
リンさん、ゆちさんの腕を踏み台に?かしこいですねえ(笑)
そうすれば足拭きも終了するし上がるのもラクチン、
とわかっているんですね。

Re: No title

桜ママさん、コメントありがとうございます。

そうですそうです、ちゃんと立たせても、
そのうちお尻がヘナヘナと下がっていって、
前足も広がって、潰れたような体勢になってしまいます。
チロは若い頃から筋肉少なめだったので、なおさらです。

でも、確かにありのままを受け止めてあげなくてはいけませんね。
これが自然な姿なのですから。
老化を止めることはできないけれど、
今は毎日穏やかに暮らせているのだから感謝です。
ゆっくりゆっくり歩いていきます。
この日、久々の散歩コースに行こうとしたら、
チロが「え?こっち?」という顔で見上げてきたのが可笑しかったです。

No title

あ、本当だ!チロちゃんの足、少し色が付いていますね。でも、毛が密に生えているし、太さもあるし、まだ時間はありそうに思えるのですが、チロちゃんも「沈ん」だりするんですね~。心配ですね。

玄関先で何とも切ない目をしているチロちゃん、そんなチロちゃんを間近に見てしまったらすぐに救出したくなります(^^♪

うちは玄関から上がれなくなったのはいつか?と写真を見ていると、去年の春くらいでした。夏にはちょっとした傾斜も上れなくなって秋にグルグルと回り始めてぐるぐる歴半年になります。

チロちゃんにもうちのしばちゃんにも、出来るだけ穏やかで安らかな老後?を過ごして欲しいです☆

さとさん、お久しぶりです。

またチロちゃんに 会いにきました。
そう。。昔できてたことが出来ないと 少し寂しくなりますね。
でもそのぶん、今を大切にしてネって教えられてる気がします。
うちの20歳ジュジュも後ろ足の甲は真っ黒というか、もう染まって落ちないです。
以前、獣医さんから関節炎が起きてるから散歩も最小限で…って言われました。老犬は逆に
骨折などの病気になるほうが心配だからと。
…それでも私は連れて行ってますが、なるべく段差のない所を歩かせています。そしてなかなか難しいのですが、アスファルトより土の上を探します。←汚れるんですけどネ!
玄関の段差。。なんか滑り台みたいなこと出来るといいですね。今度、100均で見てみます。
私もそうですが 一緒に歩んでいくって感じですね。。

Re: No title

こたまこさん、コメントありがとうございます。

毛はまだけっこう生えていますが、
腰回りと脚は本当に細くなってしまいました。
腿をさわると筋肉がほとんど無いのがわかります。
これじゃあ沈むのも無理はない…。
日に日に細くなっていく体を見ているのは切ないですね。
それでも、すぐには助けませんけど(笑)。

グルグルはチロも既にときどきやってます。
これがもっと頻繁になってくるんでしょう。
しばじさんも、頑張って歩いていますね~。
子分の登場で、しばじさんに何か変化はありましたか?
若い子が来ると若返る、と言いますが…。

Re: さとさん、お久しぶりです。

ジュジュママさん、コメントありがとうございます。

ジュジュさん、関節炎だと痛みもあるのでしょうか?
そういうそぶりはありますか?
私もチロを出来るだけ歩かせるようにしているのですが、
もし痛みなどがあるのなら可哀想だな、と。
歩くのが億劫そうな時はあるのですが、
痛みがあるのかどうかはよくわからず…。
脚を触ったり曲げ伸ばししたりしても特にイヤがらないので、
大丈夫なのかな?
確かに固いアスファルトより土の方が足に優しいですよね。
ジュジュさん、20歳でちゃんとお散歩に行って歩けるなんて、
すごいです!!
玄関の段差、なぜか今日はちゃんと自分で上がれました。
昨晩はダメだったのに、なぜ?(笑)

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

チロちゃんもグルグルが時々あるのですか。
表情も輝いていて、若く見えるなぁと思っていましたが、脚や腰が細くなったり、少しずつシニアちゃんの階段を上っているんですね。

しばちゃんの15才も下の女子がやってきまして、刺激になるかなあ?と思いきや、全く「無反応」です。お互い抱っこをして顔を合わせても、しばちゃん、ウンともスンとも言わず、ピクリとも動かず・・・。
まあ、でも、自分のお城に変なコが来た!とマイナス方向に動かなくて良かったですよ~。いじけたり、焼きもちを焼いたり、淋しい気持ちになったらどうしたらいいのかとやきもきしていました。

Re: No title

こたまこさん、お返事ありがとうございます。

写真は若く見えるやつを選んで載せているので~(笑)。
グルグルはけっこうあります。
まだそんなに長時間ではないんですけど。

しばじさん、若い女子にも無反応ですか…。
でも確かに悪い影響が出るよりは、その方が安心ですね。
しばじさん、もう今は自分のことで精一杯なのかな。
それに、こたまこさんが側にいてくれれば、
他のことはどーでもいいのかも?
以前、こたまこさんがしばじさんに見えるように
サークルに頭をつけて寝るようにしたら、
しばじさんが落ち着いた、というのを読んで涙しました…。
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。