スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ヒヤリとグサリ

先日、いつものようにチロの股間をフキフキしていたら、
オシッコが出るあたりに白い粘液状のものが付着していた。
これは……?
チロは避妊手術済みなので、子宮関係の病気はありえない。
とすると、まさかまた結石?!とヒヤリ。
翌日、あわてて尿検査へ。
その結果、オシッコはきれいで、粘液状のものは単なる分泌物とのこと。
ホッとしたものの、尿比重はやはり低かった。前回と同じ1.017。
前回はたまたまかも、という期待もむなしく、
やはり腎機能は低下していることが明らかになった。
残念だが、仕方がない。
今度はさらに水を飲ませるようにしなくては。

IMGP0307.jpg
まあ、それなりに元気だからいいか

その数日後の夜、ボーロをポイポイとチロの口に入れていた時のこと。
指を抜くタイミングを誤ってしまい、犬歯が私の中指にグサリと刺さった。
思わず「イデデデデ!!」と叫んでしまうほどの痛み。
ちょうど爪のきわに食い込んだようで、爪と皮膚のあいだから見る見る血が~。
でも、モロに皮膚だったら穴があいていたところだ。
それでもその夜はズキズキと痛くて、よく眠れなかった
(鎮痛剤をのんでおけばよかったのだが)。

そして翌日は内出血でこんな状態↓

DSCN1339.jpg
茶々とおひるね」の松の実さんを真似してパチリ。
ボケてますが…

爪の下の黒ずみはいまだにそのまま。
しばらくは指先が痺れたような感じも消えなかった。
老犬とはいえ、恐るべし、犬の咬み傷……。

IMGP0330.jpg
「わたしのせいじゃないもんね、ケケケッ」


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

おしっこがきれいで良かったです~!
うちの猫も一度結石やってるので、食事やおしっこの回数は気にかけています。
さと様の指、なんとも痛々しい姿になってしまいましたねぇ。。。
でも、チロ氏の噛みパワーが健在で、なんだか嬉しくなっちゃいました!
いくら目に入れても痛くないワンコの噛み傷でも、
炎症を起こさないようにお大事になさって下さいね。
チロ氏の笑顔、いつもの笑顔でホッとしました~!

あっちゃー、痛そう!っていうか痛いですよね?叫ぶのもわかりますし(>_<)腫れました?痕残らないといいですね。一番痛い場所ですよ、そこは。確かにチロちゃんは悪くないかも!?お大事にm(__)m
分泌液はなんともなくて良かったですね。尿比重がね。まぁ、でもチロちゃんが元気ならいいですよね。食欲もあるみたいだし( ̄▽ ̄;)

No title

また、妖怪水やりばばあに変身ですね 笑
本気で噛み付かれたら、骨もくだくほどの彼らの牙ですからね。
さとさん、かなり痛かったことと思います…

指先は神経が多いから特にうずきます!
お大事になさってくださいね。

No title

チロさん、さとさん、こんばは。

さとさん、痛い思いをしたんですね・・・
それと対照的に、チロさんの写真がどちらも良い表情です(笑)

私も最近、噛まれました(T_T)
奥歯を磨いていたら、噛まれました。
さとさんみたいに、あとが残る程じゃないですけど。

水はたくさん飲ませた方が良いのでしょうか?
うちも昔に比べてあまり飲んでない気がして気になってます。
暑くなってきたので、冬よりは飲んでいますけど。

人間と犬では違うと思いつつ、腎臓病の伯父がトイレの回数を増やしていると聞いて、リンさんのトイレの回数も増やしてみました(笑)

No title

わー痛そう! どうぞお大事に
チロさん 相当いっしょうけんめいに食べていたのですね
わんこにおやつをあげるときに指でつまむのは
包丁を使うときに その下に指を入れるのと同じことなのかも…
わんこ唯一最大の武器は強力だなぁ
チロさん もちろんわざとじゃないだろうけど
いつもはニコニコ無邪気な笑顔が
うーん確かに ケケケッ に見えてしまいます

Re: No title

juneさん、コメントありがとうございます。

シロさんも結石経験アリですか。猫にも多いそうですね。
癖になるそうなので、気になりますよね~。

咬み傷って、なんであんなに痛いんでしょう(泣)。
悲鳴をあげる私を、チロはキョトンとして見ていました…くっそー。
まあ、わざと噛んだわけではないので、
チロにしてみれば「なにごと?」って感じなのでしょうが。

Re: タイトルなし

ななチロママさん、コメントありがとうございます。

腫れはしなかったんですが、しばらくジーンとした痺れが取れませんでした。
この黒ずみ、いつかは消えるのでしょうか?
そう、確かにチロは悪くないのです。わざと噛んだわけじゃないし…。
だからなおさら、やり場のない怒りが(笑)。

白い粘液は、人間で言う「オリモノ」みたいなものだそうです。
今まではそんなのなかったんですけどね…単に気づかなかっただけかもしれませんが。
尿比重は残念ですが、体調は良さそうなのでヨシとしています。

Re: No title

桜ママさん、コメントありがとうございます。

水、どんどん飲ませたいんですが、
飲ませすぎると尿漏れになって安眠できなくなるので、
加減が難しいんですよね…。
老犬とはいえ、噛む力はハンパじゃないですね。
あんな痛い思いは久しぶりでした(笑)。
でもそのあとはそんなに痛みがなかったので、
そのまま寝たら、夜中にガンガン痛くなってきたんですよ~。
寝たことで体温が上がったせいかもしれません。トホホです。

Re: No title

ゆちさん、コメントありがとうございます。

チロは何が起きたのかわかっていないので、
ギャーギャー騒いでいる私をキョトンとして見ていました。ムカつきます。
ゆちさんもリンさんにやられたのですか?!
あー歯磨きの時も、けっこうキケンですよね…。

腎不全はとにかく水を飲ませろ!が鉄則だそうです。
治療方法の一つとして点滴をするのも、そのためですね。
腎不全の症状として多飲多尿がありますが、
チロもそんなに水を飲む量は増えませんでした。
もともとあまり水を飲む方じゃなかったし、
しばらく前から自分ではうまく飲めなくなったので、
今は強制給水となっております。

できるだけ水を飲ませて出す、が大事なので、
トイレ回数を増やしたのは良いと思いますよ~。

Re: No title

宵待さん、コメントありがとうございます。

ええ、もう最高に痛かったです(泣)。
松の実さんはしょっちゅうだとか…大変ですよね。
わんこの歯はホント、最強の武器ですよ。
老いても噛む力は健在です。
それだけ元気があると思えば、嬉しいと言えなくもないですが。
最後の写真、光の当たり具合でなんか「邪悪なチロ」になってます。

No title

キャー、これは相当な痛さだったでしょうね。
犬の噛む力は侮れませんね。
尿は綺麗で良かったですね。
それにしても、チロちゃん物凄くご機嫌さんで
良いお顔ですね。
さとさん、お大事に!

No title

チロさん、ななです。

ケケケッ・・・って、いたずらっ子のお顔。(笑)
もちろん、チロさんのせいじゃないし
けど、さとさん痛いし・・・ ホント痛そうです。
チロさんの、咬みのパワーもまだまだ健在ですね!
私も負けてられません!?

No title

チロさん 笑ってますね~ 可愛いです。
指は痛そうですね。 老犬のチカラ すごいです。
でも なんだか まだまだ元気なんだな~って
ちょっと嬉しく思ったりして、、、ゴメンネ さとさん。

No title

うわ~チロさんもやっちゃいましたね。
ワンコの唯一の武器、老いたからといって
早々衰えはしませんよね。
最初はまだまだ元気な証拠と思っていましたが、
あまりにも頻繁だとつい「ゴラ~ッ!ヒトを齧るな!」と
怒っています。

シッコがきれいで良かった。
いっぱいお水飲みましょう。

アイタタタ・・・

さとさん、大丈夫ですか?
夜も痛みがあったのですね。
ちょっとづつでも 良くなっているようですか?
爪のあたりは 気をつけなくてはいけませんね。お大事にしてくださいね。

チロちゃんのお水はどんなお水を飲ませていますか?

シナモンの晩年は 水分の吸収を考えて 乳幼児用のポカリを取り寄せましたりしました。

最後、「ケケケ」のチロちゃんに 私も思わず「ケッケッケ~」

No title

犬のあごの力は侮れないですよ~!ものすんごく痛かったのではないでしょうか・・・?
チロちゃんの腎臓が、チロちゃんの身体にあったペースで変化して辛くないようにして過ごせると良いですね。犬と言えどお年寄りの健康管理は難しいですね。

さとさんが「人間の介護も寝たきりの方が・・・」というのを教えてくださって、あぁ、そうなのか、そうだよなあと妙に納得しました。コメントして頂いたことは、共感できる部分も沢山あって、心の栄養になりました。ありがとうございました!

Re: No title

nonkimamaさん、コメントありがとうございます。

なんというか、脳天にガーンと響くような痛さでありました…。
犬はバリバリ骨まで砕いちゃうわけですから、
噛む力が強いのは当たり前なんですけどね~。
おかげさまで、もう痺れや痛みはすっかり無くなりました。

オシッコの異常なしはホッとしました。
入院以降、何か変わったことがあると
以前にも増してビクビクしてしまいます。

Re: No title

ななさん、コメントありがとうございます、チロです。

ええ、今回の事件(?)は、完全にさとの落ち度です。
私はただ普通にボーロをいただいていただけですから…。
年はとっても顎の力はまだまだありますよ~。
このあいだ手羽先の骨を舐めさせてもらっていた時も、
勢いあまって骨部分をバキッとかみ砕いてしまったほどです
(あ、もちろん骨は食べてませんけど)。
ななさんも、たまにはまこさんの指をカプッとしてみては?
…と書いたところで「バカなことを勧めるんじゃありません!」
とさとに怒られました…。

Re: No title

BOSS母さん、コメントありがとうございます。

最後の写真、別に噛んだ直後のものではないんですけど、
なんか憎々しい笑顔がハラ立ちます(笑)。
そうですね…まだこんなに噛めるほど元気なんだと思えば嬉しい…でも痛いのは痛い!
もう少し他のことで元気を表現してほしいものです。

Re: No title

松の実さん、コメントありがとうございます。

チロに噛まれて流血したのはこれで二度目ですが、
松の実さんはこんなのが日常茶飯事(ってほど頻繁じゃないか、失礼しました茶々さん)
なのだですよね、お察し致します…。
ちょこっと噛まれたくらいでこんなに痛いのだから、
子供が大型犬に噛み殺され…なんて事件ではどれほどだろう、
と想像するだけで鳥肌が立ちます。

オシッコはとりあえず良かったです。
これまで以上にシリンジを手にした私に追いかけ回され、
チロはうんざりしていることでしょう。

Re: アイタタタ・・・

すずめさん、コメントありがとうございます。

おかげさまで、ようやく痺れも取れました。
でも、黒ずみはそのままです…。
ほんと、ワンコの力はあなどれません。
でも、ヒトだって食事中に舌を噛んじゃったりすると、
恐ろしく痛いですもんね…噛む力が強いのは動物全般に共通ですね。
最後の写真、私は「小悪魔チロ」と呼んでおります。

チロは今のところ、普通の水を飲ませています。
水分補給という意味ではスポーツドリンクなども良いようですが、
チロの場合は塩分がNGなので…。

Re: No title

こたまこさん、コメントありがとうございます。

ええ、もー指だけじゃなく、頭も痺れるほど痛かったです…。
でもわざと噛んだわけではないので、チロを叱るわけにもいかず、
じっとひとりで痛みに耐えておりました(笑)。

腎臓は、まあ衰えていくのが当たり前というか、
腎不全と診断されてから既に数年ですので、
これでもよく頑張ってくれていると思います。
ヒトもワンコも、寝たきりは寝たきりで、勿論大変だとは思います。
「何が起きるかわからないので目が離せない」というストレスとは、
また別のストレスがあるのでしょうね。
きっと経験してみないと本当にはわからないのでしょうけれど…。
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。