スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

肝腎心

午前中、病院へ行ってきた。
例によって混んでおり、仕方なく外で待機することに。

DSCN1406.jpg
意識を飛ばして現実逃避中

これまた例によって何とか血管を見つけ、採血。
血液検査の結果、まずは良かったことから。
肝機能を示す値は大幅に改善されていた。
先月の退院時、GPTが211だったのが33(正常値)に。
ALPも1735だったのが444。
こちらは正常値よりまだ高いが「一ヶ月でこれだけ下がれば御の字」とのこと。
念のため、あと一ヶ月薬は飲み続けることになったが、
とりあえず肝臓の方は今のところ心配ない。

そして昨日の発作のことを獣医さんに説明した。
発作の症状と、触診すると脈拍が非常に弱くなっていることから、
多くの方のご指摘どおり「おそらく心臓です」とのことだった。
より正確に調べるには、入院して24時間の心電図ホルター検査をしてなくてはならないそうだが、
もう入院はさせたくないし、対処の方法は結局同じなので検査は断念。
そのため正確な病名はつかなかったものの、
「要するに心臓の機能が衰えている状態で、昨日の発作はいわば不整脈みたいなもの。
まあ老化現象のひとつですね」。
腎臓、肝臓ときて、次は心臓…まさに「肝腎心」。
そういう意味では、チロは正しく老いていると言えるかもしれない。
今後は軽めの強心剤を毎日飲ませることになった。
薬が4種類に増えてしまったが、仕方がない。
(いずれの薬もササミにくるんで飲ませているので、本人的には嬉しいかも)
まずは15日分の薬をもらってきたので、
それを飲み終わったら再度診察を受け、脈拍がどうなっているかを診ることになった。

DSCN1416.jpg
待合室に入ってからもメソメソと泣きっぱなし

そして血液検査の結果、腎臓の方の値も悪くなっていた。
BUNが20.9→40.9、クレアチニンも1.3→1.8。どちらも正常範囲内ではない。
獣医さんによると
「心臓の動きが悪くなったことで血流も悪くなり、腎臓にも悪影響を与えているのでしょう。
強心剤で血流が良くなれば、腎臓の方も改善されるかもしれません」。
チロは以前から腎不全対策として心臓病用の血管拡張剤を服用している。
これを飲んでいなかったら、もしかしたらもっと早く心臓の方もダメになっていたかも?

今後気をつけることは?と尋ねたら、「無理をさせないこと」。
でも、もともと無理などさせていないし、すでに無理がきくような体でもないわけで…。
つまり、できることは特にない、ということだ。
これからは、いつ発作が起きるかドキドキしながらの生活。
しかも季節は夏に突入し、心臓にとっては大きな負担になる暑さとの闘いになる。
獣医さんからも「発作を起こしてそのまま…という可能性も十分にありえます」と脅された。
でも考えようによっては、発作で逝くならそんなに長く苦しまずに済むんじゃないか、
その方がまだ救いがあるんじゃないか…などと人間たちは勝手なことを言いつつ、
帰路に着いたのでありました。

DSCN1423.jpg
「もうヘトヘトなんですけど…」
はいはい、おつかれさま、うちに帰ろうね


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

病院お疲れ様でした。
皆さんのおっしゃるように心臓だったのですね。
老化現象と言われてしまえば、なんか返す言葉がないような…。
発作繰り返さないといいですよね。先生の脅しは無視しましょう。
薬が効いて次の検査は大丈夫だといいですね!
チロちゃん診察室でも鳴きましたか?嫌いだよね、病院なんて。頑張った分オヤツ多目にもらったかな!?

No title

チロさん、ななです。
お疲れ様でした。
いち早く、病院に連れて行ってもらって、よかったですね。
お薬増えたらしいですが、ささみの量が増えると思えばねぇ~
さとさんの心臓バクバク・・・を勝手にまこが想像していました。
・・・でも私達、家族に囲まれて、ちやほやされ(?)
結構満足の日々送れていますよね~
そりゃ、あれもこれも食べたい・・・とかはありますが
楽しく幸せに過ごしてると思います。
だから勿論これからも・・・家族の愛を感じながら
ますますお姫様扱いで、頑張りましょうね!
約束ですよ!!!

チロちゃんお疲れさまでした。
さとさんも‥

心臓でしたか。
人間も同じように年をとればアチコチ悪くなるけれど、わんこたちは言葉が話せないのでせつないんですよね。
強心剤が効くとよいですね。

本当にこれから暑い夏がまたやってきます。
お散歩も気を張りますね。
うちの獣医は痙攣でそのままということはないとおっしゃっていましたが、それは多分脳神経だからでしょうね。

心臓の場合は深刻ですものね。
お散歩の時間も少なめにするとよいかと思います。
負担をかけるのはよくないと言うのならそれぐらいしか対処法がないですものね。
部屋をグルグル歩き回るのも負担になるのかなぁ…
とにかく、今年の夏は冷夏になることを願いますね。

チロちゃんやほかのシニアさんのために念じておりますからね。

チロちゃん 疲れたでしょう。
ゆっくりやすんでね。

No title

やはり心臓でしたか・・・

暑さ管理でしたら チロちゃんに会った温度を探してあげてください
気持ち良くすやすや眠れる温度です

リョウの場合は25度でした
去年のラッキーは22度 今年は20度切らないとダメでした
それが一番負担にならないと思います
チロちゃんはまだ自分で冷たい所とか探せますよね
その点は大丈夫かな?

腎臓は それこそ松の実さんの茶々ちゃんが飲まれてるキドナは?
良いと言う話聞きますよ

リョウは もう人間なら透析は必要な数値だったので ほぼ毎日 補液に通いました
チロちゃん お薬頑張って飲んで 安定した生活送れるようにね~~

No title

こんばんは。
チロさん大変でしたね。コメントを拝見しているとみなさま経験があるんですね。
老化の1種だと言われるとほんとどうしようもなくて…(/ _ ; )
それでなくてもこれからの季節はシニアワンコたちには厳しい季節ですのにね…。
発作を起こしてそのまま…なんて~(T_T)
確かに苦しまなくていいのかもしれませんが…心の準備が…。
どうかどうか、これ以上チロさんの心臓がビックリしませんように(T ^ T)
急なことで驚かれたでしょうが、さとさんが体調を崩さないようになんとか旦那様と協力されてできるだけゆっくりチロさんと過ごしてくださいね。


チロさん、病院おつかれさまでした。ひどい目にあいましたね!
どうして人間はあたしたちが嫌がることばっかりするのかしら!
byさくら

No title

チロさん さとさん 病院 お疲れ様でした。
大きい病気ではなく 少し ホッとしております。
年齢で 少し 心臓が弱っているのでしょう、、、
もしかしたら 季節の変わり目で ちょっと疲れただけかもしれないし。
これから 暑くなります。
お外に出るときの 気温差 恐いですよね。
元気玉 たくさん送ってますから
チロさん ゆっくり ゆっくり 気長に~で お願いしますね!

No title

やはり、心臓らしいのですか。年齢からくる、弱りなのでしょうね。
腎臓の数値も心配ですね。お薬飲んで、改善されると良いですね。
無理をしないではないですよね。あまり、お散歩で歩かせたり
するのは、いけないのでしょうが、歩かないと足腰が益々弱る
心配もあるし~ですね。
チロちゃんお大事に。数値良くなるようにお祈りしています。

Re: タイトルなし

ななチロママさん、コメントありがとうございます。

そう、老化と言われると「あ、そうですか…」としか言えないですよね。
次に発作が起きたときはどうしたら?と訊いたら、
「とにかく安静に」とのこと。
でも、一昨日みたいに散歩中だった場合はどーすればいいの?と不安です。
採血の時はいつもヒーヒー泣くんですよ。
特に最近は血管が見つかりにくくなって時間がかかるので、なおさら。
かわいそうですけど、仕方ないですよね。

Re: No title

ななさん、コメントありがとうございます、チロです。

昨日はさすがに疲れました…。
ええ、薬が増えたそうですが、私はいつ薬を飲まされているのか知らないので、
別にいいのです。ササミの回数が増えるのは大歓迎ですし。
さとはもう昨日から、うるさいのなんの。
転んでジタバタすると「暴れたら心臓に負担が!」とか、
オヤツが欲しくてちょっと小走りになると「走っちゃだめ~!」とか。
そんなにピリピリしているとお肌に良くないと思うんですけどね。
そう、私たち自分ではそれなりに幸せに暮らしているつもり…ですよね?
私としては、ちやほやしてくれなくてもいいから、
オヤツの量を増やしてほしいです~。

Re: タイトルなし

桜ママさん、コメントありがとうございます。

獣医さんから「脈がすごく弱い」と言われたときはゾッとしました。
心臓と言われると、一瞬でおしまいになる可能性もありますから、
かなり不安です…。
薬が効いてくれるといいのですが。
長期予報では、今年も平年並みかそれ以上の暑さだとか。
そもそも、今や「平年並み」=けっこうな暑さ、ですし。
家の中で排泄してくれれば外に出さなくていいんですけどねえ。
でも、そうなんです、部屋の中を歩き回るのも心臓に負担がかかるのでは?!
と気になって気になって。

Re: No title

くうちゃんさん、コメントありがとうございます。

少し前、25度くらいになった時、
すでにチロは少し動くとハアハアしていました。
ということは、もっと低くないとダメなのでしょうね。
チロはもう自分では冷たい場所は探せないです。
というか、二階には冷たい場所がない(泣)。
一階は涼しいんですが寝ないし…頭が痛いです。

キドナ、飲ませている方多いですよね。
チロはまだ一応腎臓サポートを口に入れてやるとイヤイヤ食べてくれるので、
栄養的には何とか足りています。
でも近いうちにキドナのお世話になるだろうな、と思っています。
補液、獣医さんは心臓に負担がかかるので、あまりやりたくないと…。
でも、こちらもいずれせざるをえなくなるでしょうね…。

Re: No title

cherryさん、コメントありがとうございます。

「老化」の一言で済ませられるとガックリきますね。
今はチロに「次に発作を起こすときは、私ひとりの時はやめてね!
あ、それから散歩中もやめて~!」と無駄と知りつつ言い聞かせています。
チロは昔から気が小さく「ノミの心臓」でして、
とにかくあらゆるものにビックリ、ドキドキしていました。
だから今まで心臓がもったのが奇跡と言えば奇跡でして…。
なんとか薬が効いてくれることを祈るのみです
(あ、夜鳴きもなくなりますよーに!)。

さくらさん、眠剤、なかなか効かないようですね。
私たちも好きで夜中に徘徊したり、夜鳴きしたりしているわけではないのに。
お互い、年をとると体が言うことを聞きませんよね…でも頑張りましょう!
byチロ

Re: No title

BOSS母さん、コメントありがとうございます。

まさに「心臓が弱っている」そうです。
ここのところ気温差が激しく、
そのせいでなおさら体に負担がかかって
発作になってしまったのかもしれませんね。
気になるのは、昨日強心剤を飲ませてから、
尿漏れが激しくなったことです。
強心剤には利尿作用があるのでしょうか。

獣医さんにも以前、夏も冬も極端な気温差に注意、と言われました。
外に出す時にはそのへんも気をつけないといけませんね。
デヴィさんの超元気玉、すみませんが引き続きよろしくお願いします!

Re: No title

nonkimamaさん、コメントありがとうございます。

獣医さんは最初、腎臓からくる尿毒症の発作を疑ったようです。
でもその場合、もっと脚がピーンと伸びて激しい痙攣が続くのだとか。
それも怖いですね…。
薬が効いてくれるといいのですが。
自主的な排泄は外でしかしないので散歩に行かないわけにはいかないし、
おっしゃるとおり、あまり歩かないと足腰がますます…というジレンマがあります。
あっちこっちが悪くなってくると、バランスよく対処するのが難しい~!

はじめまして

私の家には12歳の男の子と6か月の女の子の柴がいます。
12歳の子が一年くらい前から散歩に行きたがらなくなって調べたら心臓から異音がする、とのことで投薬と心臓サポートのドッグフードの日々です。
散歩が私自身の健康管理でもあったので女の子を昨年末に迎えました。
まだまだ12歳の子がやきもちを焼いて仲良くしてくれないのですが、柴犬生活の先輩の記事で勉強させてもらいたいと思います。
よろしくお願いします。

No title

チロさん、心配ですね。
老化で内臓が弱っていくのは仕方がないのですが、
急な症状や変化は動揺してしまいます。
茶々はかなり前から心臓が悪いと言われて
薬を飲んでいますが、大きな発作を起こしたことはありません。
それでも、ちょっと荒い呼吸を繰り返していると
こちらの心臓がドキドキします。

ワンコ自身が心臓が弱っているのを自覚して
セーブしてくれるとありがたいのですが。

チロさん、これから過ごしにくい季節になりますが
あまり張り切らないでまったり行きましょう。

Re: はじめまして

養鶏組合の親友さん、はじめまして、コメントありがとうございます。

12歳と6ヶ月ですか~。
さしずめ、おじいちゃんと孫、という感じですね。
今まで家族の愛情ひとりじめしていたのに、
赤ちゃんワンコが来て、すねているなんて可愛いです。
早く仲よくなってくれるといいですね。
若いワンコとの生活が良い刺激になるといいのですが。

でも、心臓の方はご心配ですね。
うちは腎臓も悪く、フードは腎臓サポートにしていたのですが、
腎臓サポートもナトリウムは制限されているので心臓にも良いからと、
とりあえずこのままでいくことになりました。
あちこち悪いとフードをどうするかが難しいところです。

これからも、よければぜひ遊びにいらして下さい。
今後とも、どうぞよろしくお願い致します。

Re: No title

松の実さん、コメントありがとうございます。

列車事故、もしかして松の実さんやお知り合いが乗っていたなんてことは…
と心配していましたが、先程ブログを拝見してホッとしました。
でも、ツバサの兄貴さんは災難でしたね。
私も、できることなら茶々さんに会いに飛行機で飛んでいきたいです。

老犬は何があってもおかしくないのだから、
もっとドーンと構えていたいのですが、
突然の急変や発作にはオロオロするばかりで情けないです。
茶々さんも心臓がお悪いんですよね。
本当は発作が起きる前に気づいて薬を飲ませるようにすれば良かったです…。
もうチロが転んで起きられずに暴れ、
ハアハアし始めると恐ろしくて…。
ますます一人にしておけなくなりました。
心なしかチロも最近元気がなく、
以前にも増して体に力がありません。
心臓のせいなのかどうかはわかりませんが。
強心剤が効いてくれるといいのですが、
効きすぎて元気になり、動きが激しくなるのも困りものですね。

No title

そうですか・・・心臓か・・・。
急な発作がくると思うと・・・心配ですが~
お薬が効けばね!

まるもね~少々歩く姿がおかしな時期があり診てもらうと
後ろ足に力を余りかけてないと言われ~触診してもらったところ・・・
特に関節や骨に異常があるわけでなく
「15才だからですね~年齢からくるものでしょう」と。

ま~そう言われるだろうと思ってましたが。

シニア犬の飼主は・・・
多かれ少なかれ同じような心配事を抱えてるもんです。

例年の夏は・・・酷暑の夏とは違い平均的な夏のようですよ。
なんチャラ現象がなくなり~
ここ数年の酷暑は脱したように私は天気予報で!
とは言っても・・・来てみないとドンダケの夏なのか・・・。
お互い~ガンバですよ!

No title

チロちゃんは強心剤を飲むことになったんですね。とりあえずすぐにどうこうということでなかったのは良かったです。
ゆっくり生活していれば、希望はあると思うんです。
うちも気絶歴6、7年でずっと強心剤を飲んでいますが、先日の爆走に耐え、漫画老犬介護日誌のイチちゃんも悪いなりに乗り越えて天寿を全うしたようです。

チロちゃんのママさん、パパさん、心身に負担が増えているのではないでしょうか。チロちゃん、ご家族みなさんお大事にしてくださいね。

No title

チロさん&さとさん、こんにちは。
病院での検査お疲れ様でした。

心臓、心配ですね。
血管が見つけにくいのは関係があるんでしょうか?
うちも採血の時、血管が見つけにくくなりました。
少し前ですけど、散歩中に後ろ足がグニャグニャになったと思ったら、前足もバンザイになって、慌てたことがあります。何もなかったように歩き出したけど、気になってました。
心臓の検査は私もさせないでおこうと思ってます。
入院させてストレスになるのが心配です。

チロさんは診察台の上で先生が聴診器を胸に当ててる間、静かにしているんですか?
うちは、大暴れで絶叫するので無理です(T_T)

これからの室内温度の管理、気をつけないとダメですね。
節電は免除してもらって、エアコンに頑張ってもらいましょう!

Re: No title

セレナーデさん、コメントありがとうございます。

写真ではお元気そうに見えますが、まるさんも足腰きてますか。
シニアワンコの宿命なのですね~。
まあ、脚のふらつきは命に関わるものではないのでいいんですが(よくないけど)、
心臓の方はそうではないので、毎日ドキドキです。
いつ次の発作が来るかと気が気ではありません…。
でも、それも老化と言われてしまえば仕方ないんですけどねえ。

気象庁の長期予報はあんまりアテにならないので、
実際に夏が始まってみないとわかりませんね。
ほんと、お互いにがんばりましょう!!

Re: No title

こたまこさん、コメントありがとうございます。

しばじさんも強心剤飲んでいらっしゃるんですか。
シニアワンコには本当に多い病気なんですね。
まあ、心臓は命の要ですから、年をとれば衰えてくるわけで…。
今後はとにかく無理をさせずストレスを溜めないように、
とは思いつつ、無理はともかくストレスに関してはどうしようもない部分もあるかなと。
夜鳴きなんて、本人にとってもけっこうストレスだと思うんですよ。
人間にとってもすごいストレスですけど(笑)。

Re: No title

ゆちさん、コメントありがとうございます。

結局、心臓の動きが衰えているので血流が悪くなり、
血管も見つけにくいみたいです。
人間の老人と同じですね。
リンさんは、脈拍が弱いと言われたことないですか?
たぶん本当はチロのように発作を起こす前に
強心剤を飲ませた方がいいのかもしれません。

チロは聴診器くらいなら静かにしていられるんですが、
採血はもうダメですね。
でも若い頃に比べると抵抗する力も弱っているので、
それほど大暴れはしません。
ただし絶叫はします(笑)。

今週末からまた気温が上がるようで、憂鬱です…。
リンさんもどうかお気をつけて!
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。