スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

最後の写真

チロがいなくなって、ちょうど一ヶ月が経ちました。
「えっ、まだ一ヶ月?!」というのが正直なところです。
妙に長い一ヶ月でした。
ちゃんと仕事もしているし、食べているし、寝ているのですが、
何かが決定的に欠けている感じが拭えません。

DSCN1575.jpg

↑鏡が白く汚れているのがおわかり頂けるでしょうか。
これ、チロの鼻水の跡なのです。
もうあまり目が見えていなかったので、
しょっちゅうここにぶつかって、その度に鼻水が…。
さっさときれいにすればいいのですが、どうしても拭く気になりません。
まだしばらくはチロの痕跡を消したくないのです。

IMGP1261.jpg

これは6月25日に撮ったものです。
ぐるぐるウロウロし続けたあげく、
床で行き倒れて眠ってしまった時の写真。
なんの変哲もない一枚ですが、
これが生きているチロの最後の写真になりました。

すみません、どうしても湿っぽい雰囲気になってしまいますが、
家の中は笑顔のチロの写真でいっぱいです。

DSCN1614.jpg
チロのテリトリーと言ってもいい台所にも、こうしてちゃんと居ます

写真の中で笑っているチロの顔を見ながら、日々を過ごしています。
ひとつ問題なのは、散歩がなくなって運動不足なこと。
チロはもう足腰ヨロヨロでしたから歩く速度も遅く、
たいして私の運動にはなっていないと思っていたのですが、
先日久々に少し長い距離を歩いたら、脚が筋肉痛になってしまいました。とほほ…。


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

すぐにわかりましたよ。鏡の鼻水。それは拭けませんよ。そのままでいいですよ。チロちゃんが使っていた食器やベッドなどたくさんあるでしょうが、全てそのままにしておきたいですよね。毛一本でも大事ですから。
最後の写真、疲れて寝てしまったのですか?寝顔はさっきまでの豹変さを忘れるくらい穏やかでかわいらしいものですよね。1ヶ月、私はもう1ヶ月!?と思いました。あちらの生活に慣れたかな?

No title

チロちゃんが旅立って丁度、1ヶ月なんですね。
何かが決定的に欠けている感じ、わかります。
恐らく、長年、チロちゃんを中心とした生活だったでしょうし、
一番大事な娘さんのような存在を亡くされたのですから。
チロちゃんの痕跡はまだ、消したくないお気持ちもわかります。
まだ、家はチャコのベッドそのままにしてありますし、チャコが齧った
跡が汚いコタツテーブルも到底捨てられないのです。
ここに、共に生活して、共に、生きて歳を重ねてきたのだという
証拠のような気がするのかもしれません。
毎日の散歩は、やはり、身体のためになっていたのですね。
この頃よく躓くのは、散歩をしなくなった私の足も弱ってきてるのでしょうか・・・・
お互い足の筋力これ以上落とさないように気をつけましょう!

1ヶ月経ちましたね。
長く感じるお気持ちわかります。

遠い昔のことのように感じませんか?
チロちゃんがいない空間が不思議に感じませんか?
鏡の鼻水の跡を拭きたくないお気持ち心底わかりますよ。
チロちゃんがその場所にいた証しですものね。

うちも、全ての痕跡はそのままにしてあります。たまに、その痕跡を撫でてみたりして淋しいやら悲しいやら、懐かしいやらとても複雑な気持ちになり、胸の奥がギュッとなにかに掴まれているような息苦しさを覚えます。

そんな時、あ~まだまだ立ち直れていないんだなぁって思いますね。
そこら中に飾ってある写真は平気で見れますが、普段めったに開かないアルバムの中の写真はまだ見れませんね~
たまに、見ようと思い開くのですが、すぐにつらくなって閉じてしまいます。

チロちゃんも たくさんの写真があるのでしょうね。
昨日 過去の記事を見てまして、さとさんがブログ初めてからすぐの写真だったと思いますが、
上を向いて口を開けて笑っている写真、とても可愛くて私のお気に入りで保存してあるんですよ
(笑)

去年の6月頃の写真だったかなぁ。
どんな表情のチロちゃんも全て宝物ですね。
まだまだ、悲しみは癒えないでしょうが いつか 別れた悲しみよりも、出会えた喜びを感じることができますよう願っています。

No title

読んでいて・・・こみあげて・・・きます。

最後の写真・・・
グッスリ眠ってるチロちゃんは・・・何を思っていたのでしょうね。
いかん・・・また・・・涙が・・・。

いっぱい幸せを振りまいたチロちゃん。
ほんとうに~ありがとうですね。


No title

1カ月なんですね。
部外者から見ると「もう1カ月か…早いなぁ」と思いますが
ご家族はなんだか最初の1カ月って遅いんですよね。
遅いというか…チロさんが元気でいたのが遥か遠い昔のような気がするのではないでしょうか?それで「まだ1カ月⁈」と感じるのだと思います。
私も母の時がそうでしたよ。
でも今月で1年ですが、1年はほんとにあっという間でした。
寂しいですが…。
すいません、私も湿っぽくなっちゃいました。
最後のチロさんの写真、ほんと疲れて行き倒れ!って感じですね(^^)
さくらも同じ顔をしてよく行き倒れるので(笑)
チロさん、かわいいですね。
笑顔の写真が家中にあって(オヤツ係さんが大量にプリントアウトしているというやつですね!)素敵だと思います(#^.^#)
いつかあちらでチロさんに会えるまで、たくさん楽しかった事を想い出しながら過ごせることを願っています。

私ごとですが、ご心配頂いていたさくらちゃんですが、
昨日はナント晩の12時から朝の9時まで寝るというミラクルが!
そして大小のお仕事をしてミルクを飲んだらまた寝たという~。
私のこの1週間の睡眠不足がすっかり解消されました。
昨日病院へ行ったので今日くらいには検査結果も出ます。
またブログで報告しますね~。

No title

こんにちは。
チロちゃんのお写真、どれも愛された幸せなお顔してますね。
最後の写真も、穏やかな寝顔で。

チロちゃんが残したものが消せない気持ち、すごくよくわかりますよ。
私も同じでした。
心にぽっかり穴があいて、埋めようとしたくてもどうしようもなくて。

時折、抱っこした感触とか、シャンプー前の匂いとかリアルに思い出す
ことがありました。
チロちゃんの置き土産、さとさんもきっと感じる時があるんじゃない
でしょうか。

No title

もう1ケ月も経ったんですね。
チロさんが向こうに行ったのが日曜日だったので、日曜日の夕方になるとチロさんを思い出します。

鏡の汚れ、それは拭けないですよね。
実はうちのリンさんの部屋、先代犬のおさがりなんです。
どうしても処分することができませんでした。

運動不足は困りましたね・・・。
老犬だけでなく、人間もちょっと歩かないと足腰に来ます。
さとさん、最近、全力で走ったことありますか?(笑)
私、駅の階段を全力で駆け上がったら、膝を地面に着くくらいヘロヘロになりました。
このままじゃ、ダメだとは分かってはいるのですが・・・。

No title

運動不足 なりますよね~
私もBOSSが旅立って デヴィが来るまでは
ゴミを出しに行く くらいしか 歩かなかった(苦笑)
なるべく 歩いて飲みに出かけたりしましたね~
飲みたかっただけかも!?(笑)

チロさんの 鼻水 しばらく そのままで、、、
わかります。
車のBOSSの毛 最近まで そのままでした。
ゴン太さんが 会いにきてくださった前日に
会社の若者が車を掃除してくれて、、
「ゴメン 犬の毛 掃除機で吸っちゃった」って
謝られて 笑いましたけどね(笑)

はじめまして

実は私の愛犬もチロちゃんと同じ7月3日に亡くなりました。チロちゃんと同じ柴犬です。まだ8歳でした・・・。5月の末から血便が続き、原因も分からず、2日に試験開腹の手術をしたところ、その手術が原因で、翌日の3日に亡くなりました・・・。その後、悪性のリンパ腫ということが分かりました。

何も悪いことしていないウチの犬がなぜ?と運命を恨みました。今でも悲しみは薄れていません。でも、もし、生きているうちにリンパ腫だと分かったら・・・、その後の辛い抗がん剤治療・・、高額な費用・・・。そんなことが分かっていて、きっとあの子は自分から犬生の幕を引いたんだと今は思っています。

人間は49日は家にいるといいますね。犬もそうなら8月20日まで家にいるのかもしれませんね。うちの子が虹の橋に行くとき・・・、どうかチロちゃん、先輩として、うちの子を一緒に虹の橋まで連れて行ってください。そして、ぜひ一緒に遊んでください。ちょっと頑固で甘えっこですが、どうかよろしくお願いします。チロちゃんと一緒なら、とても心強いです。

No title

もう1ヶ月も経ってしまったのですね。さとさんの記事を読んでいて、さとさんの辛いお気持ちが伝わってきて、チロちゃんのお世話もしていないわたしなのに涙が流れました。

もう大分落ち着かれて来たのでしょうか。お写真や筆脈に明るさを感じます。チロちゃんの鼻水の跡がどうかしばらく消えませんように。さとさんが、チロちゃんの気配の中で心にほっと温かさをもって過ごして欲しいです。

さとさんがチロちゃんにちゅ~をしているお写真はすごく画になりますね。きっと愛情で結ばれた日なたの温かさのオーラが出ているんでしょうね!

Re: タイトルなし

ななチロママさん、コメントありがとうございます。

二階にも同じような姿見があるのですが、そちらも同じ状態です。
拭けません。下のほうだから別に支障はないし、いいかなと思っています。
いずれ拭く気になる時まで、このままにしておいていいですよね。
最後の写真の頃は、もうけっこう徘徊が激しかったので…。
でも、寝ている顔は相変わらず天使みたいでした。

Re: No title

nonkimamaさん、コメントありがとうございます。

特にこの1年ほどは完全にチロの世話中心の生活でしたから、
いきなり解放されて手持ち無沙汰というか。
まったく制約がない生活というのも淋しいものですね。

チャコさんのあのベッド、まだそのままにしていらっしゃるのですね。
私もベッドはまだ捨てられません。
あまりに突然いなくなってしまったので(チャコさんも、ある意味そうでしたよね)、
チロは本当に13年間ここにいたんだろうか、という思いもあり、
なおさら痕跡を消せないのです。

散歩はもう距離も短かったし速度もゆっくりだったのですが、
一日3~4回、強制的に外に出ていたのはそれなりに運動になっていたのだと思います。
それでなくても私はデスクワークなので…。
筋肉は使わないとあっという間に衰えますものね、
本当にお互い気をつけましょう!!

Re: タイトルなし

桜ママさん、コメントありがとうございます。

そうなんです、チロがこの家にいないことに、ものすごく違和感があります。
そして逆に、チロが13年間ここにいたのは現実だったの?それとも夢?
みたいな感覚もあるのです。不思議ですね。
だからこそ余計に、
ここにいた証拠を見えるところに残しておきたいのかな…。

サブさんの痕跡も、そのままにされているんですね。
複雑なお気持になるというのはわかります。
ただ悲しいだけじゃなく…なんというか…とにかく複雑なんですよね。
写真も、飾ってあるのは平気だけどアルバムは見られないって、
すごくよくわかりますよ。
なんでしょうね、アルバムの中の何枚もの写真を見ていると、
色んなことがすごくリアルによみがえってきてしまうのです。
いつか穏やかな気持ちで見られる日が来るのでしょうか…。

チロの写真、保存して下さっているのですか!
どうもありがとうございます、すごく嬉しいです。
笑っている写真は多いので、どの写真かな~?

Re: No title

セレナーデさん、コメントありがとうございます。

最後の写真の頃は、もうけっこう徘徊がひどかったので、
この時は疲れ果ててバタンキューという感じでした。
でも、この時も確か1時間も寝なかったなあ。
もうあまり長く眠れなくなってましたね。
徘徊につきあうので私もけっこうバテバテでしたが、
「あ~やっぱり寝顔カワイイな~」と思ったのを覚えています。

Re: No title

cherryさん、コメントありがとうございます。

そうですね、チロが元気でいたのが遥か遠い昔というか、
チロがこの家にいたこと自体が、もうずーっと前のことのように思えます。
というか、ホントにいたのか?って。
なんか幻だったんじゃないか、って感じてしまうんですよ。
もちろん錯覚なのはわかっているんですが、
それだけ「チロのいない空間」に違和感があるってことなんでしょうね。
お母様だったら、きっとそれどころじゃないくらい、
色々な深い思いがおありだと思います。

私も最近のさくらさんの寝顔を拝見して、
あ~チロもこういう顔で倒れてた~と思ってました。
さくらさん、久々にぐっすりの一夜があって本当によかったです。
もちろんシニアワンコですから、
それがずっと続くことはないと思いますが(笑)、
たまにでもそういう日があるとホッと一息つけますよね。
ただ、不規則な生活には変わりないので疲労はたまっているはずです、
十分にお気をつけ下さいね。

Re: No title

マコ母さん、コメントありがとうございます。

心に刻みつけられた喪失感は、
きっと一生消えることはないのでしょうね。
でも、そのほうがいいような気がします。
何かを失ったという感覚は、
何かを得たからこそ抱けるものですから…。
たとえ限られた期間でも、
愛する存在を得られたということはとても幸せなことですよね。

チロは若い頃から抱っこが嫌いでしたが、
ここ1年ほどは毎日何度も抱っこしていた(せざるをえない)状態でしたので、
その重みとか感触は、まだまざまざと思い出されます。
柔らかくて温かなあの感じ、とても懐かしいです。

No title

さとさん、この鏡の鼻汁の跡、取れませんよ~
取れたように見えても、後からボォ~っと浮き上がってきますよ~
うちもそうですから~(笑)
サッシも玄関ドアも壁も、私の膝下以下のところがこの状態です。
ふき取ってキレイにはなるのですが、いつの間にか白く浮き上がってきます。
特に鏡やガラスはそうです。
わんこの鼻汁はなかなか取れないというのを、専門業者も言ってました。
チロさんの置き土産ですね。

チロさん、台所はドキドキ、ワクワクする所だったでしょ。
美味しいものがあるいい場所ですね。

Re: No title

ゆちさん、コメントありがとうございます。

チロのことを思い出して下さって、ありがとう。
そう、日曜日でした。
だから夫も家にいたし、その時を選んで逝ったのかな、と思います。

リンさんのあのホームレ…じゃない、お部屋、
先代ワンコさんのものでしたか。
私もチロのベッドとか、まだ処分できませんが、
万が一またワンコと暮らすことがあるかもしれないから、
とっておいてもいいですよね。

先日、停留所にちょうどバスが来ていて、
急いでいたので全力疾走したんですよ。
間に合って乗れたのはよかったんですが、
車内でしばらくゼーゼーいってました。
こんな短い距離を走ったくらいで?!と我ながら情けなかったです。
やばいです。本気で対策を考えないと。

Re: No title

BOSS母さん、コメントありがとうございます。

いや、ほんと冗談じゃなく、
私も家の前にゴミを出しに行くぐらいしか歩かない日があります!
買い物に行く時は極力歩くようにしていますが、
そんなにしょっちゅう行く必要もないし~。
今は次女デヴィさんがいるから、歩きますよね?
というか、あのスピードについていくのが大変そう。
若返りますね?!

BOSSさんの貴重な毛、若者に吸われてしまいましたか(笑)。
なんか微笑ましくて、私も笑ってしまいました。

Re: はじめまして

とらこさん、はじめまして、コメントありがとうございます。

そうですか、同じ日に…。不思議な御縁ですね。
でも、チロはもう15歳でしたので、
私もある程度は覚悟していましたが(それにしても急すぎましたけど)、
とらこさんのワンコさんは8歳。
あまりにも早すぎます。
5月末から、どれほどお辛かったことでしょう。
試験開腹で亡くなってしまうなんて想像もなさらなかったでしょうから、
そのときの悲しみとショックはいかばかりだったでしょうか。

私も、チロは病気が悪化して本当に過酷な状態になる前に、
あまり苦しまずに逝けて良かった、という思いもあります。
それでも、やはりもっと生きていて欲しかった。
あと一日でも長く、そばにいて欲しかったです。
まったく後悔のない死なんて、ありえないと思います。

もしよかったら、ワンコさんのお名前を教えて頂けませんか?
チロに伝えたいのです
(お差し支えがあるようでしたら、
鍵付きコメントにして頂ければ、私しか見ませんので)。
チロはあまり社会性のある犬ではありませんでしたが、
お姉さんとして、とらこさんのワンコさんをちゃんと守ってあげるように、
よーく言い聞かせておきますね。

Re: No title

こたまこさん、コメントありがとうございます。

おかげさまで、もう基本的な生活はちゃんと営めております。
まったく泣かない日というのはありませんが、
人前に出られない顔になるほど泣くことはなくなりました。
私はもともと掃除嫌いですし、
チロの鼻水の跡はたぶんこれからもずーっとそのままかもしれません。
まあ、誰に迷惑かけるわけでもないから、いいかな~と…。

このチュー写真は今年の5月に撮ったものです。
今でもほっぺたに触れたチロの毛の感触をはっきり覚えています。
でもチロは抱っこ嫌いでしたから、
この写真の中でも現実逃避状態で、目の焦点が合っていないんですよ(笑)。

Re: No title

ハイジさん、コメントありがとうございます。

ワンコの鼻汁はなかなか取れない?!
そ、そうなんですか?!
それはそれで、嬉しいような困ったような(笑)。
おそるべし、ワンコの鼻汁ですね~。
うちも鏡だけでなく、壁とかドアとかも膝下あたりが汚れてます。

ええ、台所においしいものがある、とわかってましたね。
オヤツが入っている引き出しがあったのですが、
夫がそこを開けると、必ずぴったり横に来て、
一緒に中をのぞき込んでました(笑)。

No title

さとさん、ななです。
写真立てから、チロさんが飛び出してきそうですね。
さとさんとチロさんのツーショットのお写真も、愛が溢れてます。。。
私はチロさんのファンだけど、
オヤツ係さん、さとさん、チロさんの、チロさん一家のファンなんだなぁと思います。

Re: No title

ななさん、コメントありがとうございます。

私とチロの写真、私はチロをぎゅーっとして
ほっぺにチューしてご満悦なんですが、
チロは抱っこ嫌いですからね~。
この写真のチロも実際は遠い目をして、
「早く解放してくれ…」って顔してるんですよ。
私が抱っこすると、大体そういう顔になってました(泣)。

お返事ありがとうございました。

さとさんの温かいお言葉、ありがとうございます。辛いのはお互い様なのにリコメくださって、とても嬉しいです。読んでいて、とても胸が熱くなりました。あの子は一人じゃない。それだけで私は安心です。

私の愛犬のなまえは「ゆきち」です。男の子です。ペットショップで売れずに捨て値で売られていました。この子は売れなかったらどうなるんだろう?とついかわいそうになって決めたのですが、「残り物には福がある。」ということから、金運をもたらすようにと、1万円札の方から名前をいただいたんです。実際は金運よりずっと大きい幸せをもらいました。

小さい頃からお姉さんわんこに遊んでもらうことが多い犬でした。きっと、チロちゃんにも仲良くしてもらえると思います。どうか、よろしくお願いします。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

こんにちは。

鼻水は拭かなくて良いんじゃないでしょうか・・
長く一緒に暮らしていれば家中が痕跡だらけですよね。

写真のチロさんの顔、本当ーーーにかわいいです。
そしてさとさんが抱っこしている方のチロさんの表情に
ちょっと笑ってしまいました。
うちのチロもあんな感じです。 

一か月・・・

何かが欠けている感じ、分かる気がします・・・
テリトリーの台所に飾っている写真、さとさんにチュゥゥ~されているチロちゃん、
嬉しい表情かなぁ~? それとも・・?

ワンコに近づいた時のあの頭部全体から醸し出されるカオリ・・・!

たまんないですよね~

写真飾っていない場所でも 今頃自由にチロちゃんウロウロしているんだろうなぁ・・・
さとさん、夏バテしないように気をつけてね~!

Re: お返事ありがとうございました。

とらこさん、お返事ありがとうございます。

ゆきちさん、とおっしゃるのですか。
和犬にぴったりのいいお名前だな~と思いましたが、
その由来にはちょっと笑ってしまいました(笑)。
でも、たしかにワンコがくれる幸せはお金では買えませんよね。
きっとゆきちさんの方も、
とらこさんから貰ったたくさんの幸せや喜びを胸に
旅立っていかれたことと思います。

お名前、しっかりチロに伝えました。
こちらこそ、同じ新入りのお仲間として、
一緒にお空へ行ってもらえれば心強いです。
チロは弟分ができて、いい気になって威張っているかも?(笑)

Re: No title

まゆさん、コメントありがとうございます。

老犬になってからは
それでなくても家中がチロ仕様になっていましたので、
滑り止めやら緩衝材やらだらけです。
そういうのはさすがにもう撤去したのですが、
いまだに毛が落ちていたりするんですよね…。
カピカピになったドライフードとか(笑)。

抱っこされると、
チロはいつもこんなふうに遠い目をしていました。
よほどイヤだったのでしょう(笑)。
まゆさんちのチロさんもそうでしたか。
抱っこが好きか嫌いかって、どこで決まるんでしょうねえ。
遺伝子?

Re: 一か月・・・

すずめさん、コメントありがとうございます。

この写真のチロは魂が抜けた顔をしています(笑)。
ぼーっと遠い目をして、
解放の時を待ってじっと耐えています。
抱っこされた時はいつもそんな感じでした。
それでも昔に比べればマシになったんですよ。
若い頃はせいぜい15秒くらいしか抱けませんでしたもん(暴れて逃げる)。

そうそう、頭ってすごく香ばしいですよね。
お日さまとホコリの匂い。
決して芳香とは言えませんが、妙にクセになる匂い…。

もっと「ここにいるよ~」と知らせてくれればいいのに、と思います。
でも、もしかしたら必死にアピールしているのに、
私が鈍感で気づいていないだけかも?!
だとしたら、きっとチロはイライラしてるでしょうね~。

No title

鏡の鼻水を見てうるうるしてしまいました。
チロちゃんの生きた証ですね。きっとお部屋の中のあちこちにみつけては涙されている事でしょう。
私の友人も3年前に亡くなった愛犬の毛がタンスの中にしまっておいた洋服にくっついてたといってしんみりしていました。
うちの窓ガラスも数年前の鼻水ついています。ずっとそのままにしておこうと思っています。

チロちゃんのうるんだおめめの写真、チューの写真、どれも宝物ですね^_^

Re: No title

ももっちさん、コメントありがとうございます。

そうです、鏡だけでなく、壁とかドアとか、
いろんなところに鼻水跡があります。
やっぱり拭けないですよね。
ご友人と同じく、服にもいっぱいついてます…毛が。
濃い色のセーターとか、このままでは外出できない状態ですが、
コロコロする気になれません…。

この一年余り、ブログを始めたせいもあって、
写真は本当にたくさん撮りました。
それ以前もたまに撮ってはいましたが、
ブログをやっていて良かった、としみじみ思います。

No title

はじめまして☆
セレナーデさんの所からやってきました☆rieと申します。
最近の記事を読ませていただいて・・・涙が・・・
チロちゃん、すごく愛されて、、きっと幸せだったことでしょう。。
ご冥福をお祈りします。
私も、大の愛犬家で
今までに数頭、、お別れをしてきました。
今のブログをはじめてからは、大好きだったセナ(Mダックス)との別れ・・・・
その前はマロ(雑種)との別れ・・・
どちらも闘病の末の別れだったので、苦しい場面を沢山見てきました。
亡くしたあとも喪失感も、何度味わっても馴れるものではなく
部屋のアチコチで思い出のものを見ては涙してました。
鏡の鼻のあと・・それを消せない気持ちもすごくよくわかります。
私も泣いて泣いて・・・・でも、闘病の辛かった日々も何もかも、後悔は全くないですね。
むしろ、貴重な体験や想いを沢山与えてもらえた。。。
ワンコの力は凄いです。
私は、自分が持病があって闘病中にセナを見送ったのですが
マロ・セナ・・・この2匹が闘病するすがた・・命の戦いが私を病気から救う道へ導いてくれました。
ワンコの力って凄いです。
今は悲しみが、より愛おしい気持ちにもなり
亡くなってからもマロ・セナを愛してます☆

長くなって申し訳ありません(汗)

チロちゃん☆うちのマロやセナと、良かったら遊んでくれるかな~☆☆

さとさん☆チロちゃんの為にも、どうかお体を壊されませぬよう・・・・


Re: No title

rieさん、はじめまして、コメントありがとうございます。

放置したままのブログにお越し頂いて恐縮です。
更新したいんですが、
いざ書こうとすると、何を書いていいやらわからず…。
思い出話を書くのも、まだちょっと辛いんですよね。
でも、いずれはまた更新するつもりでおります。

rieさんも悲しい別れを経験なさったのですね
(のちほど、ブログゆっくり拝見させて頂きます)。
私はチロが初めてのワンコだったのですが、
こんな辛い思いをするなら、もう動物とは暮らせない!と思う反面、
毛むくじゃらのあったかい生き物がそばにいないのがたまらなく淋しいです。

私もチロには心から感謝しています。
本当にたくさんの幸せや思い出を与えてもらいましたから。
チロがいたから苦しい状況を乗り越えられたこともありました。
動物がくれるパワーは凄いですよね、本当に。
実体はなくなってしまっても、
そのパワーはこれからもずっと私を支えてくれると思います。

マロさんとセナさん、お名前をチロに伝えました。
天国で私に代わってちゃんとご挨拶するように言い聞かせましたので!
rieさんはご闘病中とのこと、
一日も早く快復されるようにお祈りしております。
まだまだ暑さが続きそうですが、くれぐれもご自愛下さいませ。

またコメントさせていただきました。

 ご無沙汰しています。とらこです。
 早いもので、もう2月以上経ちましたね。我が家では8月の末にとうとうゆきちを庭に埋葬しました。初めは動物霊園で墓地を買うという予定でしたが、母の「どうしてもゆきちを手放したくない。」という強い希望から、庭にお墓を作ることにしました。リビングから見える花壇に小さな墓石(ゆきちの顔入り)を置き、毎日話しかけています。

 時々ゆきちに言ってます。「チロちゃんの言うことを聞いて、おりこうさんにするんだよ。」と。きっと今頃もあのこはチロちゃんやたくさんのわんこたちと遊んでることでしょう・・・。
 
 今年の夏、2度ほど雨上がりに虹を見ました。あそこでゆきちもチロちゃんも、先輩わんこたちも遊んでるんですよね。あっちで私たちのことを心配させないように、早く「雨降り地区」から出してあげなくてはいけないですね・・・。

 お互いに、早く「雨降り地区」から出してあげましょうね。

Re: またコメントさせていただきました。

とらこさん、コメントありがとうございます。

お母様のお気持、痛いほどわかります。
うちもチロのお骨はまだ家のリビングにあります。
たぶん、ずーっとこのままになりそうな予感…。
お庭があるのは羨ましいです、うちは賃貸なので。

まだ二ヶ月しか経っていないんですよね。
たった二ヶ月前にはまだチロがここに、
私のそばにいたなんて、なんだか信じられません。
そうかと思うと、えっ、もう二ヶ月も経ったの、
と思うこともあり…。
時間の流れが速いのか遅いのか、よくわからなくなっています。

ゆきちさん、若いから、きっと虹の橋でモテモテですよ。
チロは「わたしが一緒に来たのに!」とヤキモチを焼いているかも(笑)。
本当に、同じ日に旅立ったということで不思議なご縁を感じます。
私はもう毎日泣いているわけではありませんが、
何かの拍子にまだまだ「大雨」を降らせてしまいます。
こればっかりは…どうしようもないです。
でも、きっとワンコたちは元気に遊んでいますよね。
楽しく暮らしながら、いずれ私達が行くのを待っていると思います。
そのときまで、がんばりましょうね。

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

No title

おひさで~す!\(^o^)/
真夏日が復活し・・・少々夏バテ気味の私・・・。
シニアのまるは~いたって元気。

また~気分が向いたら~チロちゃんの写真アップして下さい!
ブログ村のお気に入りに入ってますので~更新見逃しませんよーーーー!

Re: No title

セレナーデさん、こんな荒れ果てたブログ(笑)に、
コメントありがとうございます。

東京も6日連続熱帯夜。
この残暑はけっこうキツイですね~。
でも、毎日元気なまるさんのお姿を拝見できて嬉しいです。
まるさん地方は自然が豊かなので、
東京では感じにくい季節の移り変わりも堪能させて頂いてます。

更新、します(笑)
本当にありがとうございます。
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。