スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

夢のような一夜

おとといの記事にも書いたように、チロは絶対に抱っこでは寝ない。
もともと抱かれるのが嫌いなので当然なのだが、
私も昔はあきらめきれず、寝ているチロの後ろに横になって、
そーっと体に腕をまわしてみたりした。
そんなときもチロは必ず目を覚まして逃げ出したし、
そもそもそれでは「抱っこされて寝る犬」ではなく、
「寝ている犬に抱きついている人」でしかなかった。

そんなチロだが、一度だけ抱っこで熟睡したことがある。
二年ほど前、おそらく前庭障害のせいで、
短期間だが徘徊と不眠の症状が出たときだ。
まったく眠らず、部屋の中をふらふらと歩き続け、
狭いところにはまって動けなくなったりしていた。
あまりにも寝ないので心配になり、
試しに歩いているチロを抱き上げてソファに座ると、
次の瞬間、まるで気絶するように寝た。
そしてそのまま熟睡。
たぶん体は疲れきっていたのだろう。

下ろすと起きてしまうので、
その夜は結局ずっと抱っこのままだった。
抱いているあいだはトイレにも行けないため、
家人と交代で抱き続けた。
ほとんど身動きできず、重さで腕もしびれていたが、
腕の中でぐっすり眠っているチロを見ていると、
なんだか幸せな気分でもあった。
でも翌日にはいつものチロに戻っていて、
抱っこはあっさり拒否された。

抱っこで熟睡したのは後にも先にもあの夜だけ。
ある意味、夢のような一夜であった。
もちろんそれは病気のせいだったのだから、
二度とそんな状態にならない方がいいのだけれど。

_IGP4028.jpg
これは日曜日の朝、いつものお寺にて

_IGP4030.jpg
やはり朝は眠そうだ

_IGP4033.jpg
歩いているうちに目が覚めてきた?


にほんブログ村 犬ブログ 柴犬へ
にほんブログ村
にほんブログ村 犬ブログ 老犬・高齢犬へ
にほんブログ村
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

そんなに抱っこ嫌いなんですか(^^ゞでも一晩抱っこして寝ていたのを想像するとさとさん幸せ感じていたんだろうなぁと思ってほんわかしましたよ。なんかわかります~。確かに動けませんね。
チロちゃーん、たまには抱っこさせてあげてお母さんニンマリさせてあげなさいよ(^^)/

No title

前庭障害は突発性だったのですか。今は良くなったようですね。
チロちゃんが徘徊と不眠で、それはもう心配なさったでしょうね。
でも抱っこで熟睡してくれた夢のひと時でもあったのですね。
チロちゃんの朝のお散歩の写真、寝むそうだったのが、最後はなんだか
ご機嫌なお顔になりましたね。

No title

こんばんは
少し涼しくなりましたが、また暑さがぶり返すとか…。
チロちゃん夏バテもせず、元気で何よりです。

じつは、独り寝が好きなのは、うちのエンジェルもですよ。マリアもでした。
赤ちゃんのころは、絶対にベットに上げないとエンジェルは駄々をこねて寝なかったのに、いつの間にか独りで寝るようになりました。
去年お引越ししたとき、新しいお家で一晩だけ一緒に寝てくれました。
そう、同じく夢のような一夜でした。
たぶん新しいお家でなんとなく心細かったのでしょうね。
マリアも亡くなる数ヶ月前から一緒に寝るようになりましたが、うち子になってからずっと独り寝でした。

いまも、エンジェルをベッドに連れ込めば10分もしないうちに、下ろせと騒ぎます。

いつかまた、エンジェルと一緒に寝るのが私の夢です。

日本犬は基本的にベタベタ抱っこは好きじゃないようですね。
小さい洋犬などはいつも抱っこされてるイメージですけど。
やはり、DNAなんだと思います。
小さい洋犬は言い方悪いですが愛玩動物みたいな感じで西洋でも貴婦人が抱っこしてるイメージが(笑)
日本犬は違いますよね。
番犬として外で飼われて…というイメージ。
今は、みんな家族として迎えて同じ部屋で暮らしていますが。
大昔からのDNAは消えることはないのでしょうから
チロちゃんが抱っこさせてくれる日は難しいかと(笑)
チロちゃん二年前に前庭障害になったのですね。
お薬で良くなったのですか?

Re: タイトルなし

ななチロママさん、コメントありがとうございます。

動けないし、完全に寝てしまうと脱力するので重いですよね~。
普段から抱くのに慣れていれば腕力もつくのでしょうが…。
最近は老化と猛暑で抱いて歩く機会も増えたので、
二年前よりは楽に抱っこ寝かせられるかも?
でも、本人が拒否なんです(泣)。

Re: No title

nonkimamaさん、コメントありがとうございます。

前庭障害というのも確定診断ではないのです。
たぶんそうだろう、と獣医さんが。
認知症の症状と酷似していたので心配しましたが、
1週間ほどで治まりました。
確かに夢の一夜だったのですが、
あの状態が延々と続いていたら、
悪夢になるところでした(笑)。

朝はやっぱりダメですね~。
これから寒くなってきたら、
もっと起きなくなるんじゃないでしょうか。

Re: No title

秋月瞳さん、コメントありがとうございます。

エンジェルさんもマリアさんも、自立心旺盛(?)なのですね。
でも、やっぱり不安な時はママが頼り~可愛いです。
私も何度かベッドに連れ込み作戦を決行しましたが、
いつもあえなく失敗に終わりました…。
まあ、元気でさえいてくれれば、それが一番なのですが。

Re: タイトルなし

桜ママさん、コメントありがとうございます。

チロは昔から体を触られるのもあまり好きではないです。
何かされるんじゃないか、と警戒してましたね。
それでも、今はずいぶんいじらせてくれるようになりました。
まだ完全には信用されていませんが(笑)。

前庭障害は確定診断ではなかったのですが、
獣医さんは「たぶんそうだろう」と言っていました。
その直前の入院が原因だったのかもしれません。
急激な環境の変化のせいだったのか…正確なところは不明なのですが。
症状は一週間ほどで徐々に治まったので、
薬は使いませんでした。
プロフィール

さと

Author:さと
犬の名前:チロ
年齢(推定):15歳♀
出身:不明
持病:白内障、腎不全、肝不全、心不全
彼氏:あり
座右の銘:石橋は叩いて渡れ
嫌いな言葉:天真爛漫
夢:肉まんを一個丸ごと食べること

2011年7月3日永眠

最新記事
カレンダー
07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
最新トラックバック
最新コメント
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。